スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM226千葉300km走ってきました

今回のブルベは夜間の走行がカギとなります。
装備ではライト関連をちょっと真面目に考えた。ライトを増やせば街灯がない区間では走りやすいかもしれないけど装備が増えるので嫌だし、少なければ少ないで丹原林道やウグイスライン、国道126号線ではを路面が見えなくて走りずらいと考えられる。考えた末に暗すぎるところはゆっくり行けばいい。ということして今回はレギュレーションどおりヘルメットに1灯、自転車に2灯、尾灯はヘルメットと自転車で3灯で出発。

走り始めると吹いている強風より寒さがきついことに気がつく。顔に当たる風が冷たく、痛くてスピードが出せない。ネックウォーマーが欲しかった。日が昇るまでゆっくりペースで走ることにした。




スタート~PC1原田


風は強いが、追い風基調。ということはゴールは向かい風か…とうっすら思いながらスタート。

幽谷通りは一部工事による道荒れがあるけど全体的にはきれいな道。R409を左折したら「真如苑」の看板を見逃さないように注意!本当に暗い中にひっそりとあります。丹原林道はほとんど街灯がなく路面は見えない。ここはゆっくり、慎重に。まれに砂溜まりがあるのでタイヤが取られないように!

丹原下り坂はゆっくり下る。K81に合流したら米沢の交差点までは一直線。相変わらず道の幅が狭くて走りにくいなぁ。




PC1~PC2九十九里


サムイのでPCには5分程度のストップ。うぐいすラインに入る。道端の排水路には蓋がないので蛇行は禁物。下り坂が寒い寒い寒い…気がつけば周りはうっすらと霜に覆われているじゃあないですか。あまりに寒くて途中のコンビニで休憩。靴下に貼るホッカイロをGET!これはイイ!穴の開いたシューカバーでも十分に足先を暖めてくれる。今度から寒いときはこれだな。潤井戸の交差点までは毎回道を間違うのではないかと緊張する。慎重に慎重に…。誉田の駅前を左折したら次の信号で右折。深夜とはいえちゃんと車が走っている。信号をちゃんと守って停止!踏切を渡ったらセブンイレブンで右折。あとは高速道路のガード下の信号まで一直線。126号は早朝大型のダンプがかなり気合入れて走ってます。時には歩道に退避してでも先に行かせたほうがいいですね。だって怖いもの。滝台~東金市滝の区間は通行車のスピードが早いので気をつけてください。去年はここの区間でアクシデントがあったっけね。片貝県道~田間の区間は脇道から飛び出してくる自動車に注意。田間~白旗の区間は、路面が良くなくタイヤを取られそうなところもあったような。白幡の交差点は見逃さないように注意!




PC2~PC3


平坦基調の区間。ほぼ一本道なので時間が稼げる区間。うまくいけば河津桜も見れる。

ゆっくり走っていたせいか、この辺でうっすらと明るくなってきました。

寒さのピークがK30で、眠さのピークが睦沢過ぎたあたりで訪れる。しばし蛇行することも。試走の時はこの時間帯が通勤の時間だったらしく通行車両がものすごいスピードで追い抜いていく。かなりひやっとする瞬間も…眠いときは歩道やコンビニでしばしば休憩するのがおすすめ。休憩をとりすぎたせいかクローズ時間が気になる。焦りながらPCに滑り込む。焼きたてパンがおすすめの夷隅デイリーヤマザキ。ですが時間が早すぎたのかほとんど並んでませんでした。ものすごく残念。




PC4~PC5

大多喜~養老渓谷~三石山は千葉にしては結構なアップダウン。寒さもこの辺が一番になるかも。鴨川から先は海風に辟易。

PCを出発してしばらくすると大多喜の登りの坂道が見えてくる。ここからしばらくアップダウンが続く。八声の交差点と黒原交差点は通り過ぎると勝浦まで行ってしまうので注意。走るたびに思うのは黒原交差点~大多喜の街中にアップダウンなんてあったけか?ということ。老川交差点に通じる道へ左折するポイントがイマイチ思い出せずついつい通り過ぎてしまうこと。老川交差点~黄和田~蔵玉は去年までと風景ががらっと様変わり。工事がそこかしこで行われているので注意が必要。三石山の坂道はグレーチングに注意。鴨川有料道路を下ったら海沿いの道を走ります。花摘みの観光客やサーファーが道を横切ります。注意が必要です。




PC5~PC6

ここまで追い風だったが残りは向かい風。残念、ゆっくりゴールを目指します。

しいたけ村~長狭街道~志駒街道は細かいアップダウンで足を休められる区間があまりなく足にきます。南房総文化ホール~安房地域医療センターの区間は路肩が狭く交通量が多いところです、路面もきれいではありません。注意が必要な区間です。



PC6~ゴール

PCをスタートしてすぐに鹿野山を登り始めます。今回のコースでは最高標高です。一部工事区間があります。簡易信号が設置されていますがあまり守られていないようです。自動車優先でお願いします。牧場ゲート先を左折した下り坂は行楽客の往来が多数あると予想されます。気をつけて下ってください。あとは平坦基調です。ゴールまでは平坦基調ですが、市街地を通るため信号が多くなります。イライラすることもしばしありますがゆっくり帰ってきて下さい。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。