スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM613スタッフ試走報告


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-1


6月6日(土)~7日(日)にかけて試走してきました。
土曜日は朝から雨、予想ではもっと早く回復すると思っていたのにけっこう強い降り。みんなより15分ほど遅れてスタート。ウェアは上が2XUのメーンブレンジャケットに100均のカッパ、下はレーパン+ニーウォーマー(雨具なし)たとえ夜まで雨が降っても寒くないようにちょっと厚着だ。日中は気温が高くて暑かった。君津のトンネル手前でパンク修理の庄司さんと平山さんに追いつく。雨の中のパンク修理は経験があるけどかなり大変。ここからしばらく3人で移動。PC1に到着して最初のレシートをゲットしていると先行しているはずの桶本さんがやってきた。あら?どうもコースを間違えたようです(ふふふ・・)




Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-2  Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-7



スタート-PC1
300kmでは見えなかった幽谷通りや丹原林道の景色がちょっと新鮮。
No,8 真如苑の看板(細い上り坂,丹原林道入口) R409右折、昼間は車の往来が多いです。集団で道路を封鎖しないようにお願いします。急がなくても十分PCには間に合いますので・・

コース途中にある長谷川ライディングファームのウマ達も雨で退屈そう。


Audax Japan Chiba-Hasegawa riding school


PC1-PC2

「うぐいすライン」のぼります
No,27 高田入口(├字路)ここはやっぱり厄介な交差点。手前の横断歩道を渡るというのもありですが、我々はちょっと先の┤字路まで行って右折→左折しました。
No,32 沖入口左折するとK289に入ります。道幅が狭くしかも車が多くてちょとストレスが溜まる区間です。この辺から平山さんのカッパ がすごいことになってきます・・(笑)本当はこの近くにおいしいと評判のラーメン屋 があってちょっと気になっていたんですけど次のPCに間に合わないので断念(涙)
No,35~38 QVCのある交差点から佐倉市街までの区間車が多いです。大きな集団にならないように適度にマージンをとってください。車との共存も大事です。道はお互い譲り合っていきましょう。




Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-3 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-4


PC2-PC3
No,42~43 ここは先ほどの車のストレスを忘れさせてくれるくらい気持ちよく走れます。静かな田園風景をお楽しみください。
No,47 若草大橋 手前右側の歩道を通行してください。橋の終了地点で通行料¥20を支払ってください。
No,52 下町下となっていた交差点名が「砂町」でしたので訂正しました。
No,54 下久野を過ぎると目の前に牛久大仏 が現れます。ウルトラマンくらいでかいです。(!)顔だけで20メートルあるんだとか・・
No,62~63 富士崎町を左折→すぐに右折「新井接骨院」の看板を目印に進んでください。横断歩道を渡ったほうが便利です。
No,64~65 R6号バイパスをくぐって側道に右折すぐに左に下りてください。R6バイパス手前にイオンショッピングモールができて車や人の飛び出しに注意してください。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-6 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-5


==============================================




Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-24



PC3-PC4
本日のメインディッシュ!
PC3を過ぎてちょっと行くとおいしいと評判のどら焼き屋 があります。今回は時間がなかったので寄れなかったのですがここ限定のモンブランのどら焼きたべたい!←メインはこれじゃないよ。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-9 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-10



No,75 不動峠はみなさまおなじみですね。まだここで足を使っちゃダメです。
No,80 道祖神峠 ここがいちばんキツかった。10%近くの坂が延々続きます。たまに放飼いの犬に追いかけられるオプションあり!
No,85 石井交差点通行止めによる迂回路 神社の信号を左折しないように注意してください。信号をこえてすぐの「藪そば」の看板の手前の細い道が当たりです。
No,88 仏の山峠 平山さんに道祖神峠の下りで「この後デザートも用意してます♪」っていったら「コラ!」って怒られました・・(笑)


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-11 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-12



PC4-PC5
たまに真岡鉄道のかわいい電車が走ってます。
茂木に早めに到着したら道の駅のジェラート屋さんもお勧めです。目の前でフルーツをアイスに混ぜて作ってくれます(たぶん)今はブルーベリーだったかな?ツインリンクもてぎは期待しないでください。たぶんなにも見えません><ただ坂があるだけです。大半の人はこのあたりで夕闇が迫ってくるでしょう。次のPCまでは基本下りですのでしっかり貯金作ってください。夜間、交差点で信号待っても変わらない時は感応式信号ですから押しボタンを探してください。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-13 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-23



PC5-PC6
玉造や成井のPCは交差点の角にあります。進入方向を覚えておきましょう。自転車にまたがってさてどっちに行けばいいんだ?ってことにならないように・・(笑) そろそろ睡魔も顔を出してくる頃です。眠気が出てきたら適度に休憩を入れて集中して走りましょう。



Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-14


PC6-PC7(有人チェック)
No,133 PC6からK63に行くルート去年と変わってました。最初GPSのログが飛んでるのとばかり思っていましたが新しい道路になって地図が更新されていませんでした。K63の標識を確認しながら進めば大きな通り(K63)にでます。途中芝山はにわ道では沿道で埴輪が迎えてくれます。
No,142 PC7の裏にある「太陽の里」は朝8時までの営業です。朝日に輝く湯船が楽園のように見えました。朝風呂サイコー!汗を流してさっぱりしてちょっとだけ仮眠(でもあんまり眠れない・・)残り200km頑張れ!ここは有人チェックポイントです。ブルベカードに必ずチェックを受けてください。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-15 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-16



※ドロップバッグについて補足説明
ドロップバッグはスタート地点で着替えなどの荷物をお預かりします。参加者に代わってお預かりした荷物をドロップバッグポイントまで運びます。参加者はドロップバッグポイントで荷物を受け取り着替えなどをした後、不要になった荷物を再びスタッフに預けます。スタッフは荷物を参加者に代わってゴールまで運びます。
ドロップバッグを利用することによって参加者は荷物を最小限にし体の負担を軽減しさらに長距離を楽に走ることができます。



Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-21 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-22


PC7(有人チェック)-PC8
平地区間終わり・・
以後は300kmで走ったコースをトレースします。養老、三石山を上ります。
No,156 ├字路右折、手前のトンネルを出てすぐ下りになりますスピードがのったところでの右折ポイントです。行き過ぎちゃうとのぼりがキツイです。
No,159 三石山の下りはグレーチングに注意してください。タイヤの幅を超えるような隙間があいているところがあります。 


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-19



PC8-PC9
睡魔来襲・・!
だんだん気温が上がってきて眠くなってきます。眠くなったら無理しないで休憩しながら進んでください。
No,162 鴨川有料道路また¥20とられます。ここを下れば海です。まれに向い風で進まないこともあります。
No,165~PC9 晴れていれば気持ちいい区間です。同時に眠気もピークに達してきます。サーファーもたくさん歩いています。ボードにぶつかったりしないように注意してください。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-17 Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-18


PC9-PC10
いよいよ残り100kmきりましたね・・
ゴールはもうすぐです。晴れていれば暑さとの戦いでもあります。しいたけ村、長狭街道憎らしいくらい長く感じます。しかも眠くてイライラ・・
No,185 山中交差点 よくここをスルーしちゃう人多いんですよね。今まで散々上ってやっと下り、スピードものってこれからって時に右折しなきゃならないので気持はわかります(笑)でもそのまま行くと保田まに出てしまいます。上り返しはつらいよ。


Audax Japan Chiba-BRM613STAFF-20


PC10-ゴール
残る敵は鹿野山のみ
どうです?もう40kmでゴールですよ・・鹿野山の上りも苦にならないでしょう(笑)
よほどのことがない限り必ずゴールはやってきます。
お疲れさまでした。



まとめ
このコース走るのは最初のコース設定で5月に1回(PC8まで)今回で2日目です。
去年の600kmはまったく逆回りでした。どっちも同じくらい上るのに今年のほうがキツく感じました。
前半頑張りすぎるからでしょうか?夜間の平地区間もつらいです。



しかしよく考えたら600kmって長いよね~



スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。