スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 BRM214千葉300(銚子)コースレポート

こんにちわ、千葉の鈴木です。

BRM214千葉300(銚子)を1週間前の2月7日に走ってきましたのでそのコース試走レポートです。

今回のコースは全般に標高差が160mいないという高い山がない千葉のコースの中でも坂嫌いな人にとっては更にうれしいコースになっています。同日の200kmと同様、当日の風向きや天候によって難易度は大きく変わることでしょう。

今回のスタートはAJ千葉のブルベに何度か参加したことがある人なら走ったことがあるはずのK413上からスタートします。最近よく自転車レースも開催される袖ヶ浦フォレストレースウェイの下でR409に出るところまではいつもと一緒です。

BRM214Choshi-11-5km.jpg

今回はこのポイント、フォレストレースウェイの向かいで林道丹原線には右折せず直進で牛久までR409です。

林道入り口先のピークの先もアップダウンが続きます。R409のこの区間は早朝だと凍結していることもあります。牛久の米沢交差点から先のR409は大型車が増えます。あまり大きな集団にならないように気を付けましょう。試走時もこの区間で大型ダンプ5、6台に抜かれました。キューシートのNo.8は左角のバス停が目印です。その先、25.4km地点位にあるキャットアイは片車線全部にあるので左右どちらかに避けないと痛い思いをしそうです。

BRM214Choshi-No9_25-4km.jpg
25.4km付近のキャットアイ

30km付近からそこそこの登りが出てきますがどれも長くはないので一気にクリアしましょう。PC1は住宅地内のミニストップ。今回のこのコースは4つあるPCはいずれも系列が異なるのでポイントマニアの人は持っていくカードが増えてしまうかかも。キューシートのNo.22~25の区間はこのコースの中では比較的交通量が多く後続車も抜きにくいので大きな集団にならないように。

No.46の忠敬橋の手前を右に曲がるポイントは少しわかりにくいかも。左手に趣のある旧家が続き、はんこ屋さん「天正堂」、カステラ屋さんとあって、その先に「植田屋荒物店」の看板が見えたら信号を右折です。佐原らしい風情のある川沿いの道(赤い丸ポストが!)からNo.47は踏切の手前の木の欄干の橋を左折です。踏切まで行ったら行き過ぎ。PC2はR356沿いのローソン。

PC2の次のポイント、No.51は左折したらすぐに右方向に舗装路の土手を登っていきます。右手に道の駅を見て、ここからNo.53まではサイクリングロードになります。

BRM214Choshi-No51_CR.jpg
No.51左折直後を右手に登ったサイクリングロード入口

ここからNo.63のポイントまでは風向きによって、速度が大分違ってくると思います。2月7日は向かい風でしたが、さらに1週間前は追い風だったそうです。2月7日はPC2までとPC2~PC3間では平均速度が3km/h位遅くなりました。No.52は左斜め下方向にサイクリングロードのまま橋をくぐります。くぐらないでまっすぐ行くと一般道に出ますが、そのあとサイクリングロードに戻る道はかなり先までないので注意。No.55は前方のサイクリングロードがなくなるのでわかるとも思いますが、右下に降りていくと50m位未舗装区間があります。No.56~58のR356は交通量多めで特に風が強いとしばらく辛抱の区間です。ところどころ路肩の広いところもあります。

銚子漁港を大回りしてPC3のセブンイレブン銚子犬吠埼店まで至るコースは昨年のBRM719千葉400km(鴨川・犬吠)のコースと同じです。ここをキューシート通りに走らないと距離不足で認定できなくなります。銚子のグルメを楽しみたい方は別記事の佐藤さんの「銚子犬吠埼観光のご案内」をご覧ください。No.64の手前の道は舗装が荒いです。ここは片側2車線の道が1車線になって右斜め前方に赤字で「YAMAGO」の文字が書かれた白い建物が見えたらすぐに右折です。

PC3のセブンイレブンは「犬吠埼入口」の交差点を右に行って東側からも入れますが、南側の出口にはキャットアイが並んでいて要注意です。PC3を出てから500m坂を上ってからのドーバーラインの下りでそのあと約100kmの勝浦までの風向きを知ることになるでしょう。

BRM214Choshi-No71_151km.jpg
ドーバーライン下り、当日も絶景、、のはず

No.72はR126との信号のある交差点の手前で曲がります。左にイオンの看板もありますが、右手にある「(有)見山自動車工業所」は派手な全面黄色の建物なので目印になるでしょう。

BRM214Choshi-No72_157km.jpg
No.72の左折ポイント

No.76の先、159.3km付近の下りはグレーチングが斜めになっていて、路面がぬれていると滑りやすいので自転車を傾けずに渡りましょう。

BRM214Choshi-No73_159-3km.jpg
159.3km付近の下りにグレーチングに注意

No.81の先にはコンクリート凸凹舗装の劇坂があります。短いので無理せず歩くのも手ですね。No.84から先は九十九里浜沿いのK30、そしてR128になります。K30は単調で死にそう、とかいう人もいますが、平地マンの私は結構好きです。遠くに見える信号との間合いを測りながらなるべく止まらなくてよいようにスピードを調整して走ります。時々カーブの先とか橋の先の見えないところに信号があって難しいのですが、何度も走っているとだいたい覚えます。No.84の「飯岡バイパス東口」からNo.90の九十九里有料道路からの合流交差点まで時速5km以下にならずに走り切れたらあなたはもうAJ千葉マスターかも。

R128は230km付近の大原手前は土曜夕方は渋滞していることが多く、走行注意です。御宿の手前の239km付近からトンネルが多くなるのでまだ明るくても尾灯は点灯しておいた方がよいでしょう。No.95,、部原交差点はバイパスに登らず側道に入ります。部原交差点手前左側に「しまむら」勝浦店が19時まで営業しています。もし雨が降ってきたらここでカッパを調達、、、2月7日は天気予報が大外れで220km以降雨でした。PC4のファミリーマートは右手にありますが、道路左側にも蛍光看板があるのでわかりやすいです。この辺で夕飯を、という人にはPC4手前200m左手にガストが、400m手前左手に中華料理屋があります。PC4からゴールまで約55kmはほとんど補給ポイントはないのでラストに向けて備えましょう。自分はここで担々麺をいただき、のこり無補給でOKでした。

PC4の先、No.95からR297のダラダラ登りですが、1.5km位の辛抱です。どちらかというとその先の上総中野駅の先K32の同じくらいの長さの登りの方がきつく感じるかも。それを乗り切れば後は2、3度登り返しがありますが、どれも長くはないです。久留里から先は道幅が狭くなったり、広くなったりする道が続きますが、交通量もグッと減って走りやすいと思います。百目木(どうめき)公園を右手に見て通過し、No.107の上泉交差点を左折すればあとは残り5kmです。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。