スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130706千葉BRM600km茂木クラシック試走レポ

この時期になるともう、スーパーランドナー(SR)権を取得した人も多いことでしょう。
そして、おそらくはこの茂木で人生初となるSRをかける人も多いかと思われます。

スポーツエントリー後、30分で定員が埋まった報を聞き、ボク自身鳥肌が立ちました(^^;


みなさんこんにちは!AJ千葉スタッフの佐藤(Sin3)です。
ボク自身は、2010年から3年連続でSRを取得し、特に昨年はトリプルSR+1000km完走という、もはや人外の動きっぷり(おそらく10人といない成績)を見せましたが、ボク自身の限界も感じました。
だから、今年の600kmは1本しか走らない。それがリタイアに終わったら、今年のSR権をロストする、それくらいの意気込みで挑むことにしていました。
その上で新しい試みを・・・と考えた時、事前の「スタッフ試走認定つき」でSRを得る!というものを思いついたのです。
その理由から、茂木クラシックをSR挑戦場として据えました。

RIMG59500.jpg

7月6日

前日は気合入りすぎてなかなか寝付けず、いささか寝不足から始まります。
4時起床、レンタカーを借りて袖ヶ浦へ。6時半には海浜公園に到着です。
7時になったら、この日来年の400kmコース案を試走するというガクさんとともに、走り始めます。

前半のルートは、まず房総クラシック(今年2月に開催)コースを走った人にはとても有利なものです。その経験を生かしてください。
No.55の159kmあたり老川十字路交差点、ここまでが、房総クラシックと全く同じコースだからです。ただ、君津笹のミニストップにPCを定めてるのでそこが違うことは覚えて置いてください。
(コース特性は2月に作ったボクの房クラレポを参照で。)
RIMG59660.jpg

600km、長いので、そんなに無理ないペースで進みます。とはいえ、マザー牧場を越えた先にある更和のPC1でマージンは1時間。
この日は最低でも3時間の仮眠時間を作りたいので、それに向かって進みます。
RIMG59740.jpg

ガクさんとは横根のところでお別れ
適度なアップダウンを超えて、K88も三芳付近になると向かい風が強くなりました。このコースはいつも、三芳の平坦路に出てから風が強くなると思います。

No.32の交差点は右側におなじみの木村ピーナッツのお店。お決まりとばかりにピーナッツソフトをいただきます.
RIMG59820_20130627221031.jpg

PC2白浜には1時間のマージンを持って到着。少量の炭水化物を食べて、すぐスタートします。
さぁココからは北東に向かうから追い風だ!!・・・と思って走ってみましたが。
RIMG59870_20130627221033.jpg

たいして追い風にもなってません(汗)
とはいえ、海沿いのド平坦が続くので、30km/h巡行はふつうに出来ました。

潮風王国でハプニング発生!
道中の写真を撮りながら走ってましたが、電源を入れた状態でカメラを持っていたとき、ちょっとした段差にダダダンっ、となったら、誤ってレンズサイドを膝に強くぶつけてしまいました。。
レンズの中で何かが割れたが外れたか・・・電源は入ってもレンズは見れなくなってしまい、カメラの使用不可に(泣)

しょうがないので、今後は最新鋭機種のスマホを使って写真を撮ります。
RIMG59930.jpg
DSC_01530.jpg
DSC_01570.jpg
鴨川から有料道路に向かうところにある、「まるよ」で昼食。12時55分に着きました。繁盛店ですが、すんなりは入れたのがよかった。
DSC_01590.jpg

とろサーモンいくら丼♪
これを平らげ、13時半には出発。すごくいい感じのなか、鴨川有料道路を登って君津笹のPC3には1時間半以上マージンを得ました。
DSC_01600_20130627221655.jpg
ココに20円を入れましょう。サツしかなかったら、痛いよw
さて、この後は三石山・・・のはずが、くだりの気持ちよさに「いやっほう!!」と一気に下りミスコース(汗)・・・いかんいかん、猪突猛進悪い癖だ(笑)

三石山の上りではパンク発生。。。後輪を外しチューブを引っこ抜くと、針金みたいな釘が刺さってました。ボクはコンチの4シーズンを使ってますが、前週もパンクをしています。さすがに2週連続でパンクの経験はない。ちなみに前週はリム打ち前輪のパンクなので、他の一般的なレースタイヤでガラス片を踏むとか、そういったパンクではないのです。
約20分でパンク修理を完了させ、先を急ぎます。老川十字路をまっすぐ行くことで、2月の房総クラシックコースからはお別れ。R297まではアップダウンをこなしながら、その先の県道は比較的平坦。PC4一宮海岸には2時間マージンに引き伸ばしました。

ここまで、カメラ壊れるだの、パンクするだの、そんなハプニングでモチベも下がりかねない状況の中、ビーチラインを進む先は一面の雲。雨降りそうだな~、とここでもげんなり。そして、白里海岸辺りでは、スコールの降った後。下からバシャバシャと濡れながら更に、ここから北風にさらされることに。寒冷前線が南下してきたか、以後はしばらくずっと向かい風でした。
南に走っては向かい風、じゃあ北に走ってみれば向かい風。やってられっか!・・・なんて思いつつも、ここで諦めたら3年連続SRも、昨年の福岡1000km完走もまぐれだったことになりかねません。持ち前の「折れない心」を持ち直し、先に進みます。
芝山はにわ道はアップダウンを繰り返しますが、なんとか一気呵成に上れるところでもあるので、頑張りましょう。このころにはもう夕暮れ。寝不足のボクは眠くなってきました。成田に向かうこの道は車も多いから、途中のコンビニでちょっとの時間目を閉じます。そうそう、240kmくらいのところ左側にファミマがあるところ、道路にキャッツアイあります。危うく乗り上げそうになったので要注意ね。
これでちょっと復活したら、成田から先も続くアップダウンをこなし、PC5下総成井到着この区間はマージンをさほど引き伸ばせませんでした。
DSC_01700.jpg

この先もアップダウンは続きます。えっちらおっちら上っているところ、飛行機が真上を通過し着陸してゆく様は圧巻です。このころから、右ひざ裏下ふくらはぎ上が痛み出します。まだ半分も過ぎていない中、走りきれるか不安に。。。ライディングフォームを変更して走ることにします。
利根川に出て橋を渡るも、まだアップダウンはあり、霞ヶ浦沿いに出るまではそれが続きました。一見、平坦そうにみえる柴山はにわ道から霞ヶ浦までの区間、巡行はよくいけますが上り下り満載です。

さて、前日予報では夜に雨の予報だった茨城県突入です。九十九里以後、局地的にスコールが降った形跡があったり、実際にぱらっと降りかけたこともありましたが、ずぶ濡れになることがなく、霞ヶ浦に来る頃には月も見え始めてきました。あぁ、コレなら濡れなくてすむのかな。そう思っていたのですが・・・
行方に入り、霞ヶ浦沿いを逸れていく道を走っていくと、たちまち霧の世界に・・・車が通過して30mも離れないうちにほとんど霞んで見えなくなるくらいの濃霧です。うへぇ、前見えねぇジャン、とげんなりしながら走っていきます。ここら辺はちょっとしたアップダウンはもちろんあるものの、基本的に平坦路。PC6玉造上山は23時半頃到着しました。

ここで300kmオーバー、道中の折り返しですが、ボクのターニングポイントは茂木なので、以後も走り続けます。とはいえ、やはり眠いので、ペースはなかなか上がりません。
R6をまたぐと、ひとつの安堵が。ここで大休止もありかもしれません。ルートから約2km離れますが、御老公の湯という24時間健康ランドもありますので、そんなのも利用するといいかもしれません。ボクはそのまま進みます。
K52にあったココストアで眠気から小休止。ベンチがあったので、約20分横になります。時間は1時半、茂木は4時くらいかな、と定めが出てきます。細かいアップダウンは続きますが、長いのぼりはないので頑張ってください。R123に合流してすぐのヘアピンにあるコンビニで最終休憩を取り、茂木4時着を目指し進みます。

・・・おっと、ミスコース。眠気を我慢しながら走ったら、R123から川沿いに走る県道を通り越して、1kmほど先に行ってしまった。戻って正しい曲がり角を進もうとすると真っ暗闇の世界。いやだなぁこうゆう道・・・と思いながら、でも腹割って進みます。K39からK291、ツインリンクもてぎまで何とか頑張って上ったら、茂木市街まで下り。3時半過ぎ、ようやく茂木の町に入りました。

ボクはコースから100mと離れない「若葉」というホテルの予約を取っておいたので、そこに滑りこみます。4時前にチェックイン、シャワーでずぶ濡れカラダを洗い流し、しばし仮眠することにしました。すごく安堵した瞬間です。



6月23日

7時半には目覚め、再度風呂に入ってから、8時過ぎに出発します。前日はAJ千葉ジャージでしたが、この日はLEGONブラックジャージ。鶴見辰吾さんのLEGONサイトで、2010年の年間走行距離チャンプ(23886km)として得た、貴重なジャージはここ一番でボクにチカラを与えてくれる。重要なアイテムです。そしてDNFなんぞ有り得ない。
DSC_01720.jpg

茂木バイパスのPC7には8時半過ぎにチェック。そうそう、この日は「ツールドつくば」が開催されていて、朝7時から正午まで、不動峠から大池公園のところまでが通行止めとなっているため、速く行っても仕方がありません。そしてここでは、8日の大子を一緒に走った茨城の女性が見送りに来てくれるとのことなので、待ちますが・・・9時8分のクローズドを廻っても来ない(笑)
9時20分にやってきたと思ったら、栃木のお仲間さんも連れてきてくれて、しばらく談笑!3人に見送られながら、9時半に出発しました。

さて、前日夜中とは打って変わっていい天気!・・・ってことは。そう、南風が吹いていますorz  そうですかそうですか、今日も道中のほとんどが向かい風でsky。やってられっか!・・・なんて投げ出しそうですが、ブラックジャージ、押し黙って進みます。仏の山峠は「かわいい峠」、道祖神峠は「えぐい峠」。ただ距離は短いから、忍の一文字で進みます。
DSC_01760.jpg

またまた眠くなったので、フルーツラインのセイコーマートで小休止。バイクのあんちゃんたちに話しかけられて、道中を語ったらびっくらたまげてました(笑) ブルベも600kmは基本的に体に悪いですからね。
つくば道3本目の峠、不動峠を上ります。裏から上るのは結構な急勾配なので、やはり大変。負けん気だけを前面に押し出して上ること約30分で頂上です。ツールドつくばの関門は既に開かれており、すぐに下ります。そして北条からPC8まで、平原の晒し向かい風に悶絶します。
DSC_01810.jpg

PC8では20分ほどのマージンを持ったまま、スタートします。なだらかな牛久大仏付近のアップダウンをこなし、途中1回コンビニによりながら、利根川を渡ると久々に千葉県に戻ってきました!・・・東葛・印旛の田園風景に和みながら、PC9は瀬戸の交差点です。
DSC_01860.jpg

いよいよ500km走ってきたことになります。ここまで来てリタイアするのは、時間ギリギリでホントに体力が限界だとか、膝が腫れ上がってママチャリペースも出ないだとか、本当にどうしようもない状態でない限りないことでしょう。もうココまできたら、あとは気力勝負ですよ(笑)
16時、マージンも50分になって、完走のめども立ちました。まず、佐倉の市街地は慎重に。車が多いので居眠り運転にならぬよう注意してください。ちょっとのアップダウンはありますが基本平坦。沖十文字のスリーエフに休止して再び走り出し、誉田駅にまで戻って来ると、いつもの千葉ブルベだな、という感覚になってきます。おなじみ瀬又まで一気に下り、潤井戸からうぐいすラインへと入っていきます。最後の最後でうぐいすラインの傾斜はなかなか厄介に感じますが、そんなに何十分と上り続けるわけじゃないです。我慢して上り下りしましょう!

最後のPC10は原田の交差点のセブンイレブンです。ここまでのすべてのPCで、ボクは「706~707に100人ほどの自転車乗りがやってくるんで、よろしくお願いします」と告げてきました。各PCの店員さんは、皆さんを歓迎してくれることと思います。どうしてもの事情でない限り、是非ぜひすべてのPCを廻ってあげてくださいね。よろしくお願いいたします。
19時22分、最後のPCを出発します。うぐいすラインを更に鶴舞方向に進みます。R297を過ぎると高滝湖から、夜の暗いK178から丹原林道と通過します。これが最後のアップダウンともいえましょう。丹原林道は真っ暗だから、スピードの出しすぎでコースアウトしないように。R409~幽谷通りと過ぎ、川原井まで戻ってきたらおなじみのK143。もう完走は確実でしょう。もうあとはビクトリーロードです。道中の楽しいこと苦しいこと、感慨に浸りながら走ってください。浸りすぎての事故だけは起こさないよう、抜かりなく行きましょう。


DSC_01880_20130627221653.jpg

あとがき

21時15分、ゴールしました。まず先に、千葉スタッフ内SNSでスタッフ陣に感謝を述べ、ボクを応援してくれていたFacebookの仲間宛に感謝のコメントを寄せました。

38時間15分、完走扱い。しっかりとレシートをもらってきたので、これで晴れてSR獲得です。出走した600kmの無敗記録も更新。ただ、これまでで一番時間がかかりました。それは道中6割超の向かい風、追い風なしな部分もありますが、
基本的にひとりで試走することの辛さを知りました。
同じ先を目指してる仲間って、やっぱり偉大で大きくて頼もしい存在。特に夜はそれが顕著になって現れると思います。7月6日本番、皆さんも前後の同じゴールを目指すライダー、お互いに励ましあいながら進んでください。
やっぱり何より、スーパーランドナーの称号を得るには、「折れない心」を絶えず持ち続けたものの勝ちだと思います。
「Never Die」「Never Give up」折れてる暇があるなら突き進め!
でもカラダが言うことをきかなかったりするかも知れない。そのときは、
「客観的に自分の状態を判断して進退を決める」
ことも重要です。要所要所で常に正しい判断を下しながら進んでください。

今回、今年のSRを目指す人、人生初のSRを目指す人。ボクの知り合いにも何人かいます。それ以外にもたくさんいると思われます。そんな人たちに、ぜひ完走してもらいたい。そう思って、今回ひとりで試走し、レポートを作成しました。このレポートが少しでもみなさんの役に立てたらと思います。

頑張ってください!!

以下、データ
走行距離:602.05kmキャットアイマイクロワイヤレス値
所要時間:38時間15分

各PC滞在時間とかいもの
PC01富津更和:22日8時50分~9時5分:豆大福・やさすい500ml・朝バナナ・グレープジュース200ml 計482円   
PC02白浜滝口:22日11時14分~11時半:エルビースポドリ1l・キャベツとハムサンド・野菜生活トマトジュレ 計510円
PC03君津笹 :22日13時59分~14時10分:野菜一日濃縮鉄分ジュース・いろはすみかん555ml・ソルティライチ500ml 計384円
PC04一宮海岸:22日16時半~17時5分:から揚げくんシークワサー・天然水2l・オレンジジュース270ml・ビタミンゼリー 計592円
PC05下総成井:22日20時11分~20時46分:カルボナーラ:ソルティライチ500ml・オレンジジュース500ml・リアルウコン 計893円
PC06玉造上山:22日23時40分~23日0時0分:ブリトーラザニア:コーラ300ml・農協野菜フルーツジュース500ml・牛乳プリン・アルカリ電池 計1021円
PC07茂木BP:23日8時半~9時半:揚げ鳥・キノコ鶏肉おこわむすび・オランジーナ420ml・ロックアイス・ぶっかけうどん・アクエリアス500ml・マンゴー杏仁 計1197円
PC08筑波金田:23日13時0分~13時20分:ペペロンチーノ・ファミから・やさすい500ml・リアルウコン・ピルクルオフ200ml・氷グラスタイプ・グレープフルーツゼリー 計1264円
PC09印旛瀬戸:23日15時50分~16時0分:ゆずれもん500ml・トロピカーナGF炭酸500ml 計223円 
PC10市原原田:23日19時0分~19時22分:エビカツメンチカツサンド・フロマージュ・いろはすみかん555ml・野菜生活トマトジュレ・ウコンの力・ホットコーヒー 計1026円

PC外
木村ピーナッツ:350円
まるよのトロサーモンいくら丼:1780円
セブン芝山宝馬:22日18時53分:即効元気ゼリー・コーラ300ml・梅しばおむすび 計424円
セブン稲敷浮島:22日21時41分:レッドブル185ml・即効集中ゼリー・メガシャキガム 計534円
セブン稲木麻生中央:22日22時23分:デカビタC 計120円
COCO内原:23日1時5分:豚汁 計120円
セブン城北手這坂:23日2時28分:速攻元気ゼリー・リアルウコン 計392円
セイコーマート八郷小幡:23日11時36分:コーラ500ml・グリーンダカラ500ml・エナジーゼリー 計288円
セブン牛久正直:23日14時37分:コーラ500ml・メガシャイガム 計255円
スリーエフ沖十文字:23日17時15分:オロナミンC・鳥皮やきとり 計215円

茂木ホテル若葉:23日4時~8時10分 8190円
レンタカー代:16455円

当日天気
最高28度・最低16度
基本晴れ・22日~23日夜中濃霧
服装
土曜日:AJ千葉ジャージ・メッシュインナー・ノースウェーブビブ・レッグカバー・ソックス・グローブ・カステリのレインウェア
日曜日:LEGONブラック・メッシュインナー・LEGONビブ・レッグカバー・ソックス・グローブ

※この最低気温の場合、寒がりな人にはきついかも。ボクは我慢できるタイプ。裏起毛ジャージまではいらなく、エマージェンシーシートを体に巻いて走るのが吉?

コースの難易度:3  当日の難易度:4以上

AJ千葉:佐藤
スポンサーサイト
プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。