スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Fleche Japon 2012】

Fleche Japon 2012

昨年のPBPのDVD、ご覧になった方も多いかと思います、今回のDVDには先頭集団の画像が多く使われていたのはお気づきですか?あの集団に日本人がいたら… そんな夢みたいな話を現実のものにしたいという一人一人思いが私たちにはじめの一歩を踏み出させてくれました。

先ずはチームとしての600km走行を目指します、出どころも足色も全く違う5人のオダックス、西から三船雅彦、鮫島達三、落合佑介、東から黒澤久、上保一之 個人なら私以外は24時間で600kmは十分射程距離のメンバーですが集団走行では如何なるものか、全く想像ができません、2015年PBPで日本人を先頭集団に送り込むためのチーム作り、そのためのデーターを蓄積するために全力を注ぎます。

今回の私たちが走るルートを作成するにあたっては、沢山の方々のご協力をいただきました、この場をお借りしまして御礼申し上げます、ありがとうございました。ルートを最終決定するまで、何度も試走を繰り返しましたがそのたびに、皆さんのルート作りにおける細やかな心配りに触れられ感謝の気持ちでいっぱいになりました、私たちだけではこのようなルートは到底引くことなどできなかった…

などと言いつつも、年度末明け(笑)正直きついです、でも、ほんのちょっとだけでも夢を見るために出発しようと思います、犬吠埼で参加者の皆さん、スタッフの皆さんとお会いできることを楽しみにしております。


Author Uwabo Kazuyuki


【Fleche Japon 2012】

KUROSAWA Hisashi
UWABO Kazuyuki
MIFUNE Masahiko
SAMEJIMA Tatsuzo
OCHIAI Yusuke



距離:604.2km
最大標高差:306m
獲得標高:上り:1976m 下り:1984m
スタート:07:00
スポンサーサイト

【漫遊・水戸黄門御一行】

漫遊・水戸黄門御一行

「漫遊・水戸黄門御一行」チームも結成から3年連続出場となりました。今回は残念ながらおなじみのコスプレ寸劇はありませんが、配役は揃ってます。助さん(Bongo)、格さん(ぴか)、風車の弥七(大王タナカ)、お銀(チコリン)、光圀(チャーリー)と毎年ブルべを走る仲間で構成されています。また弥七さんはAJ北海道、助さん、格さん、お銀、光圀はベロクラブ青葉のスタッフでもあり北海道1200を走った仲でもあります、また光圀はいけなかった昨年のPBP参加完走者でもあります。

チーム名は静岡フレッシュ参加の折、水戸から駿府へと黄門様一行の旅をイメージし名付けました。もちろん印籠やらテーマソングやら衣装付で巡っております。ただ今年は若干歳は取りましたがみな元気にデラックス化の道まっしぐら、年々きつい峠を越えられそうもない、ご老侯をいたわりながらのゆるゆる漫遊です。

コースは秋に光圀が主催する1006青葉600関東一周の一部を逆回りに引きました、いわゆるコース下見を兼ねてます、今年は青葉は阿保みたいに本数が多く主催しすぎて、このメンバーで協力しながら光圀10本、助さん1本、格さん7本の計18本をやる羽目になり、少しでも時間を有効に使うためでもあります。当然、水戸もコース上に入っております、偕楽園を通り、御老公の湯に浸かりたいなと。そして最後の宴会と皆さんとの交流を楽しみに唯矢のごとく走る御一行です。
よろしくお願いします。 光圀


Author Tsumura Akihiko


【The pilgrimage trip of Mitsukuni Tokugawa a party】

TSUMURA Akihiko
KINOMIYA Haruyo
OTANI Toshiro
KITAYAMA Koji
TANAKA Tsuyoshi



距離:377.4km
最大標高差:216m
獲得標高:上り:1380m 下り:1469m
スタート:08:30

【スプロケッツ】

スプロケッツ

チーム名の「スプロケッツ」は日立市の自転車屋さんに集まった仲間で結成された自転車チームです。ロードバイク、オフロードバイクに限らすトライアスロンからウルトラマラソンまでにも脚を延ばしています。そんなチームからブルベにハマったパリブレ完走者と次回のパリブレ参加を目指す3人で参加することにしました。コースはともかく完走第一にルール最低限の距離と北よりの風を想定して設定しました。従って前半はその風を避けるように距離を稼いでいます。そして地の利を生かし宇都宮、埼玉、千葉で開催されたブルベコースを取り入れることによりさらに馴染みのあるコース設定となっています。またフレッシュ千葉の開催要項の発表前後にテレビで紹介された古河市は茨城県内に住んでいても訪れた事がなかったので、この際に行くことにしたのがこのコースのポイント?になっています。

不安なのはコースはルートラボ上だけで設定し、未だに実際にコースを見ていないことです。もしかしたらコース試走が本番になる可能性が大きいことです。昨年のパリブレでの仲間との再会を楽しみに、ゴールを目指します。よろしく、お願い致します!。


Author Owada Minoru


【SPROCKETS】

OWADA Minoru
HORIBA Ryota
AKIMOTO Maiko



距離:395.8km
最大標高差:313m
獲得標高:上り:1785m 下り:1822m
スタート:08:20

【Brevet 4 Sisters】

Brevet 4 Sisters

ブルベやロングライドが大好きな女性だけでチームを組みました。チーム名では「4」という数字が入っておりますが、当初は4名での参加予定でした。1名の都合がどうしてもつかなくなり3名で銚子を目指す事となりましたが、Flecheは初参加で色々と悩みながら相談しながら出走に向けて4人で頑張って来たのでチーム名も変更せず、「気持ちは4人!」で挑みたいと思っております。コースは、塩原温泉郷で温泉に浸かって日ごろの疲れを癒してから、会津若松~猪苗代から南下して銚子で温泉に浸かりたいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。


Author Kimoto Kimiko


【Brevet 4 Sisters】

KIMOTO Kimiko
KOSUGE Ritsuko
MORIYA Noriko



距離:362.5km
最大標高差:847m
獲得標高:上り:2109m 下り:2554m
スタート:07:20

【日本頑張れ!台湾加油!】

今回は台湾から千葉Flecheに参加する3チーム15人(香港から1名)のメンバーは、全員が2011PBP参加者で10人が完走(1人はOver Time Limit)。ランドヌール5000を目指してFleche認定を取得するのが大義名分なのですが、本当の目的はペダルをこぎながら桜を満喫し、道中の旨い食べ物に舌鼓して最後に海の見える温泉で疲れを取り、懇親会で皆さんとおワイワイ酒盛りする…あれ?

亡きRandonneurs Taiwanの創立者鄭文章さんに続き、これからもAJの皆様との交流を一層深めることを期待しております。どうぞ宜しくお願いいたします。

コースについて、全員Fleche前日に千葉入りなので、3チームとも空港近くの成田市からスタートします。


【台湾老大幇チーム】
台湾 老大幇

老大幇は2003年から台湾の新竹地区の自転車愛好者より結成された同好会です。自転車で山へ海へ遊びに行くのが好きで、飲み食いしながら無駄話をしてストレス解消!とにかく愉快な仲間達です。老大幇チームのメンバー5人の中で、3人は女性でしかも全員男性顔負けのPBP完走者で~す。ウーマンパワーでチームを引っ張ります! (^o^)丿

今回のコースは成田市から北へ、日光へ向けて一直線。日光東照宮参拝が最大の目標なので明るいうちに着かなければならないです。前半は飛ばすぞ~!日光を出ると東へ南へと、犬吠崎を目指します。


【Taiwan LDS Cycling Team】


TSAI Chihying(Malamei)
CHIOU Shanhaw(Haozi)
LIN Yiping(Bottle)
KU Chiahui(Maggie



距離:365.6km
最大標高差:626m
獲得標高:上り:1729m 下り:1795m
スタート:07:30



【台湾教官隊】
台湾 教官隊

教官隊は、隊長のStanleyがPBP出場のために鬼教官のように彼女のHanaちゃんを愛のムチで厳しく鍛えていたから「教官」のあだ名を得たことでネーミングされました。20代~50代まで全ての年齢層を揃えた面白いメンバー構成で、Fleche完走を挑みます。
コースは成田市から南に向ってαの字を書くように房総半島を回って、犬吠崎でゴール。道中の観光スポットの館山市城山公園や野島埼灯台も見に行きたいし、房総の海鮮料理も食べたいし、24時間で果たして足りるかな?



【Taiwan Kyokan Cycling Team】


HUANG Juichin(教官)
HUNG Minping(Hanaちゃん)
YANG Chenghsin(新ちゃん)
LIN Nanhung(Carl)



距離:374.9km
最大標高差:110m
獲得標高:上り:1892m 下り:1897m
スタート:07:30



【台湾食神隊】
台湾 食神隊

香港人の隊長が率いる台湾チームって、変ですか?
いえ。PBPのチケットをゲットするため、香港人のBaoBaoがブルべ取りに月一のペースで台湾を1年間通いました。メンバー5人は大の仲良しでブルベとPBPで築いた絆も深く、全員Fleche完走してランドヌール5000を取るぞ!チーム名の「食神」はもともと香港のチャウ・シンチーが主演・監督を務めた『料理』を題材にしたコメディー映画の名前です。メンバーの翔くんが95kgの大食漢でマスコット的な存在なので、チーム名も彼をイメージして付けました。懇親会で翔くんの”食力“炸裂を期待しましょう。

コースは千葉市から南下し、反時計回りに房総半島を一周します。アップダウンの多いコースらしいが、完走のキーポイントはやはり「翔くんの食事時間をどれだけ抑えられるか」にある、かな?(笑)
日本の皆様と会うのが楽しみです。



【Taiwan Oogui Cycling Team】


KWOK Chihung(BaoBao)
CHAN Hsiangyu(翔くん)
CHEN Chen
CHEN Weiliang



距離:362.1km
最大標高差:203m
獲得標高:上り:2303m 下り:2276m
スタート:07:00


Author Tsai Chihying


【奥多摩一家】

奥多摩一家

「おひかえなすって!」

去年の春、友達の少ない鎌野がPBPのついでにランドヌール5000獲得をもくろみ、twitter上であてもなくつぶやいた一言から始まったチームです。当初チームメンバーのうち2名は結局事情により出走できませんでしたが、いろいろあっておかげさまで最終的には5人(累計7人)集まり、去年の福岡フレッシュは宮崎~宗像ルートを無事完走。「5人一緒に走るルール」というフレッシュの楽しみ(あるいは、打ち合わせと称して飲み会で集まる楽しみ)を実感し、2012年もオリジナルメンバーを含め是非また参加しましょうということで今年もやってきました。ちなみに今年のチーム名の由来は、文字通り奥多摩の町内会組長であられる、メンバーの細君です。

■メンバー紹介
代表はわたくし鎌野(twitter:@atkamano)です。2008年からブルベを始め、去年PBPを制限時間20分前でなんとか完走しました。今年の目標は宇都宮シューペルグランペール獲得ですが、ブルベシーズンに入ってから体重が減らず達成が危ぶまれています。何故か隊長と呼ばれます。@kazuakさん:御年70目前にしてなるしま列車を現役で引っ張る超人、中年ランドヌールのあこがれの星です。PBPも完走。@koganei3(小金井)さん:最高のロケーションである奥多摩に住んでいる自転車愛好家です。ブルべは2009年から始めました。MTB、CXと何でも乗ります。@j_tradさん:2009年よりブルベ参加、去年PBP完走。その後10月にツーリング車盗難に遭い、老後の楽しみを奪われましたが、老後って何歳から?!現在体重はここ数年で最重。@terrawellさん:昨年は五十肩、鎖骨骨折、足首捻挫で苦しみ、PBPでも膝とアキレス腱の故障でDNF。チームに迷惑をかけないように気をつけます。ちなみに@eijitomさんは、家庭の都合で残念ながら今年も参加出来ず。

■コース紹介
コースは関東のランドヌールになじみの深いコースに準拠して作りました。北関東大回り一周ですね。しかし、我々のフレッシュは前日から始まります。スタート地点である奥多摩家での前夜祭峠です。翌日以降の走行にちゃんと脚(胃腸?)を残すよう牽制しつつ、山岳ポイントを目指し(アルコールの)アタック応酬が予想されます。くれぐれも落車には注意いたします。当日朝9:40、奥多摩駅前を出発。青梅街道・吉野街道を下って青梅でPC1。ここまではウォーミングアップ。そこから北上し、飯能を経由して越生から県道30号、小川町、寄居と埼玉ブルベでおなじみのコース。地味なアップダウンが多いですが、まだまだ脚はフレッシュ。昼飯は小鹿野のわらじカツを予定。PC2は高崎。次は上越新幹線をくぐって伊勢佐木、足利、を経由して宇都宮に向かいます。鹿沼あたりでPC3。途中峠は2つ。進路は東へ。恐らく日が暮れているので、宇都宮市街を通過途中に餃子で夕食の予定。ここでビールの誘惑に打ち勝つ精神力が試されます。鬼怒川、那珂川と宇都宮ブルベでおなじみのあたりを走りつつ、次のPC4は太平洋岸のひたちなか、東海村。PCクローズ時間は午前3時、睡魔が予想される地帯です。そこからコースは太平洋岸を南下。コース付近に「ゆっくら健康館」という健康ランドがあるので、時間に余裕があればここで仮眠予定。どれくらい眠れるかは、皆の脚力にかかっています。ちょうど良く行けば、起きて水戸のあたりで朝ご飯に納豆を食べられそう。PC5は鹿島、ここで最後の2時間25kmの調整を行う予定です。最後は国道124号を走り、ゴールの犬吠埼へ。皆様とお会いできるのを楽しみにしております。


Author Kamano Atsush


【Okutama Family】

KAMANO Atsushi
TAKAHASHI Youichi
TACHIKAWA Kazuaki
TERAI Hisataka
NUKUI Ryo


距離:373.8km
最大標高差:356m
獲得標高:上り:1530m 下り:1814m
スタート:09:40

【Catteni】



こんにちは、チームCatteniです。

川崎周辺で走っている仲間4名+強力助っ人の5名で、銚子を目指します。今回のコースの目玉は、フェリーの利用です。コース設定時はAJ千葉のスタッフの方にいろいろとご指導いただきました。(その節はありがとうございました。)さて、コースはいたって平坦、問題になるところも山場もありません。しかし、最大のリスクは風です。アゲインストの中の走行?いえいえ、強風によるフェリーの欠航です。はたして、久里浜に到着した時、東京湾は私達に微笑んでくれるのでしょうか?それでは、AJ千葉のスタッフのみなさん、参加者のみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。


Author Suzuki Hiroyuki


【Catteni】

SUZUKI Hiroyuki
OKUBAYASHI Tsutomu
NIWA Masahiko
MOTOYAMA Munekazu
NAKO Yasufumi


距離:397.9km
最大標高差:178m
獲得標高:上り:2413m 下り:2434m
スタート:06:00

【一番星 with KOMORI】

一番星 with KOMORI

「一番星 with KOMORI」のSATOです。

当初、社内の自転車部「一番星」で走る予定でしたが、メンバーが痔の手術や腰の手術等で足りなくなってしまいました。そこで、ショップつながりでSAKAKIBARA氏に声をかけたところ「KOMORI」のメンバーと一緒に走ることになり、このチームを結成しました。ブルべ初心者2名を含む4名のチームです。

事前の準備などあまり気にせず気軽に参加したいので、朝練等で走りなれている我孫子からスタート、コースについては幹線道路を中心に、夕刻の到着になるであろう日光、真夜中の通過?になるであろう大子町から北上し福島県へ入り直ぐ南下し、春風を軽く受けながら(笑)太平洋沿いを走ってナイスプレイスへ向かう計画をたてました。

24時間も走っていれば何かが起こることを期待し、特にコース上にイベント的要素は取り入れませんでした。無事、懇親会会場に辿り着ければ、面白い話しが沢山できると思います。
それでは、4月8日現地(ナイスプレイス)で会いましょう。


Author Sato Hiroshi


【Ichibanboshi with KOMORI】

SATO Hiroshi
SAKAKIBARA Masakatsu
HIRABARA Takao
HOSOKAWA Toshiro


距離:387.1km
最大標高差:623m
獲得標高:上り:1855m 下り:1882m
スタート:09:00

【TEAM湘南房総ライナー】

TEAM湘南房総ライナー

茅ヶ崎から出発します「チーム湘南房総ライナー」です。
湘南海岸から房総半島を一周して犬吠埼へのラインを考えていたので、ヒネリもなくそのまんまの名前です。ロングライドが好きな夫婦と昨年初めてブルベを走った仲間の3名体制で出発します。普通のブルベでもPCのクローズを気にかけながらの走行を強いられる亀チーム。なかなかグルメライド等にも縁がなく、仮眠時間もなかなか取れない。そんな中今回は地元湘南から犬吠埼を目指します。毎回各地のブルベを走るたびにコースの設定の素晴らしさ、厳しさを堪能していましたが、自分たちでコースプランニングするのは結構大変なのだと今回実感しました。各チームの健闘を祈りつつ、24時間後の犬吠埼が今から楽しみです。


Author Kobayashi Masami


【TEAM SHONAN BOUSO LINER】

KOBAYASHI Masami
KOBAYASHI Yumiko
TAKASAKI Yosifumi


距離:380.4km
最大標高差:137m
獲得標高:上り:1448m 下り:1421m
スタート:08:00

【チームサイスタ:Tokyo339】

Team CyclestyleTokyo339

チームサイスタ:Tokyo339(Team Cyclestyle:Tokyo339)を率います、佐藤信介(シン3)です。どうぞよろしくお願いいたします。

まず、チーム名ですが、これは「Cyclestyle Cafe」と呼ばれるSNSからとっています。その仲間たちで参戦することにしました。サイスタは、Cyclestyleの略称であります。チームサイスタは、昨年の福岡に続き、2年連続出場となりました。昨年はブルベスターズの名称ということで、サイスタで活動している仲間の中でもスーパーランドナーを揃え、万全の体制で条件を整えました。そのうちのメンバーの一人が、千葉スタッフを勤める紅一点、安藤つかささん(愛称:つかぽん)でもありました。昨年の道中は、今でも鮮明に蘇ってきます。

今年はサイスタSNS内のコミュニティーのひとつ、「東京散策倶楽部(Tokyo339)」で、私と今よく一緒に走る人たちを誘って、ナイスプレイスを目指すことにしました。このたびのメンバー、5人中3人は昨年までブルベには一度も出たことがありません。けど、心配はほぼ皆無でした。ここでメンバー紹介をさせていただきます。

斉藤哲郎(TETSU)さんは、私のよく走る仲間のうちでも一番の仲間であり、300kmくらいはしっかりと走れます。唯一の女子紅一点の冨澤智恵子(chell)さんは、昨秋秩父の両神山1周250kmを走りきりました。この日は秩父の山伏峠で雨に降られてもいましたが、彼女は精神も強いです。この二人は、今年ブルベに初挑戦します。360kmを走ったことは無いのですが、ふたりとも速さはあるので心配はしていません。山道正雄(yamu8032)さんは、私のロングのきっかけを作った人であり、ブルベに出なくとも一人で京都まで走ったり、ブルベに足を踏み入れていない人のうちでは一番楽にSRを取得できるチカラがあります。最後の一人である日比之博(PIPI)さんは、チームTMRの仲間同士でもあり、ブルベ経験が浅いメンバーの中で、私以外のもう一人のスーパーランドナーとして招き入れました。道中どうしても分裂せざるを得ない時は、私とPIPIさんで別れる方針です。この5人で組んだサイスタチームは、東京散策倶楽部「Tokyo339」を冠して挑むことになりました。

コースに関しては、5人の住まいが、横浜市に1人・和光市に2人・浦和1人・大田区1人ということもあり、自走集合できそうな場所は浅草雷門がいいだろうということで、そこをスタートにしてます。雷門前のセブンイレブンでレシートを取得し出発。江戸サイ沿いを走って板倉近辺でなまず料理、日光を廻って宇都宮でらーめん火山と餃子を食べ、茂木への道と組みました。ブルベ未経験者が3人いるので、千葉茂木600kmでも組まれるコースを取り入れて、水戸の健康ランドで温泉につかりつつ、犬吠崎へ向かいます。東京~埼玉~群馬~栃木~茨城~千葉。
結局、1都5県を廻ることになりますね。

コースとしては、日光清滝の滝ヶ原峠が厳しいですが、あとは目だって大きな山はありません。このメンバーでしっかり完走して、楽しい思い出を作ろうと思っております。

そのような感じで、今回のフレッシュに挑みます。しっかりとタイムテーブルを計算して、予定通りに進めたい。太平洋臨む犬吠崎に、たくさんのサイクリストが集まってくる。
懇親会、とても楽しみですよね!
それでは皆さん、ナイス・プレイスでお会いしましょう、楽しみにしております!!


Author Sato Shinsuke


【Team CyclestyleTokyo339】

SATO Shinsuke (シン3)
SAITO Tetsuro (TETSU)
TOMIZAWA Chieko (chell)
YAMAMICHI Masao (yamu8032)
HIBI Yukihiro (PIPI)



距離:373.3km
最大標高差:836m
獲得標高:上り:1853m 下り:1944m
スタート:07:10

【誰も寝てはならぬ】

誰も寝てはならぬ

仙台から一直線に南下して銚子を目指す、まさに矢のようなコースを走ります。
風向きによっては「矢のように」いけるかどうか、わかりません が・・・・・・。

 チームのメンバーは、2年前のフレッシュを走ったメンツとほぼ変わっていません。
2年前に最遠来賞をとったアメリカ人マシュー君が外れ、新メン バーが加入しました。
特色としては、普段はいっしょに走ることの無い人々ということでしょうか。
なかにはブルベを走ったことのない方もいらっしゃ います。
 お互いの走力もよくわからないというチームで、いかにしてペースをつくり、
助けあいはげましあって無事にたどり着くことができるのでしょうか。
お楽しみに・・・・・・・。

 ・・・・・・不安になってきました (w


Author Sato Jun


【Nessun dorma!】

SATO Jun
HATTORI Makoto
KOJIMA Rie
NAGAMORI Keiko
TAMURA Hiroshi



距離:368.7km
最大標高差:330m
獲得標高:上り:1704m 下り:1714m
スタート:07:00

【OVER☆HEAT ブルべ班やれんのか2012】

OVER☆HEAT ブルべ班やれんのか2012

元々は個人・レース指向で自転車を楽しんでいたメンバーが名誉AJスタッフの山田さんと出会う。楽しいロングライドイベントとして勧めを受けてブルベに出会う。SR取得は皆、基本的に単独走にて取得。それぞれがSR取得者でフレッシュ初参加のメンバー構成です。初のチーム走で今から楽しみです。正に、それぞれが個人で初めて申込みから出走までの準備をした初ブルベの面持ちです♪

コースは平坦基調で構成されています。ナイスプレイスに行く前に餃子でも食べてから集合しますかというグルべツアーです。なので楽しく安全に無事にゴールするのが目的です。実はR5000も懸かっている大事なFlecheでもあります。それでは皆様ナイスプレイスでお会いできるのを楽しみにしております!


Author UI Akihiro


【OVER☆HEAT】

UI Akihiro
KOSHIKAWA Masato
UCHIYAMA Satoshi



距離:405.8km
最大標高差:259m
獲得標高:上り:1251m 下り:1312m
スタート:08:00

【いちご大福ver.2.02】

いちご大福ver.2.02

私たちのチームいちご大福は、いつもブルベで顔を合わせている5人で結成しました。2年前の静岡フレッシュでも同じチーム名で参加しましたが、人数が増え、メンバーの脚力も向上したのでバージョンを上げました(?)。

今回のフレッシュでは、ブルベの楽しみの一つ、行く先々でのグルメに重点をおいてコースを引きました。三島からスタートして伊豆半島、三崎、フェリーで東京湾を渡って房総半島、銚子と、あちこちで新鮮な魚、パン等を食べようと妄想しています。もっともタイムにさほどの余裕はありませんから、自分たちの脚と相談しつつの走行、グルベとなるでしょう。ゴールまで辿り着けるか、食べ過ぎて手前で24時間を迎えるのか、楽しみです。


Author Minoda Ichirou


【Ichigodaihuku ver.2.02】

MINODA Ichirou
SASAKI Atsushi
TOZAWA Misa
SHIMURA Koichi
YANAGISAWA Hirokazu



距離:392.2km
最大標高差:358m
獲得標高:上り:2261m 下り:2267m
スタート:05:00

【ニコ生自転車部】

ニコ生自転車部

ニコ生自転車部

ニコニコ生放送を通じて知り合った自転車好きたち。「部」とついているけれど特に決まった活動をしているわけではなく、思いつきで何かやろうと声をかけて遊んでいるゆるい集まりです。今回集まったメンバーの属性も様々。ランドヌール、キャノンボーラー、ヒルクライマーと、果たして足並みは揃うのか。

コースのメインテーマは会津西街道の宿場町、大内宿です。江戸時代の宿場の面影を今に残すすばらしい町並みが見られます。タイムスリップを体感してきます。大内宿を通って銚子に至るという条件から自ずとこのようなコースが出来上がりました。しかし一方で、大内宿を通りたいがために苦心したところもあります。最短ルート規定から大内宿にPCを設定しなければならないのですが、集落内にはコンビニなど無く、お土産物店などでレシートや領収書を入手することができるか問い合わせる必要がありました。また、到着が大幅に遅れると商店が閉まってしまうため、実質的に普段のBRMと同じ程度の時間制限をクリアしなければなりません。さらに裏テーマとして「桜前線捕獲大作戦」というのを考えていますが・・・。どうでしょうファンならご存知かもしれないマニアック企画です。最前線と交差するのはおそらく茨城県内。ナイトライド区間なので難易度が高そうですが、捕獲なるか?他にもご当地物などリサーチして(節度をもって)取り入れつつ走りたいと思います。犬吠崎でお会いできるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

コースマップ http://yahoo.jp/5YexCo


Author Yamada Kaoru


【NicoLive Cycle】

YAMADA Kaoru
TAKAHASHI Yoshitaka
UDAGAWA Kaito
SAKURAI Kenta



距離:366.7km
最大標高差:817m
獲得標高:上り:2633m 下り:2595m
スタート:09:00

【お蝦夷らんどぬーる】

お蝦夷らんどぬーる

チームはAJ北海道が誇る少数精鋭?トリオです。
チーム立ち上げから実走までがオフシーズンなのが苦労になるのでしょうか。
仙台から新春の猪苗代湖をぐるりと一周し銚子へ。
春の訪れを南下しながら24時間で感じようというコースです。


Author Anraku Sohtaro


【Oezo Randonneurs】

ANRAKU Sohtaro
HOSHINO Toru
FUKUSHIMA Taiki



距離:384.9km
最大標高差:747m
獲得標高:上り:2300m 下り:2309m
スタート:07:00

【チーム・久里浜金谷】

久里浜金谷

こんにちは、チーム・久里浜金谷です。

2011年にPBPを完走し、ようやくランドヌール5000に手が届く場所へたどり着いたと思ったら、最後の難関はフレッシュでした。いつも、自分のペースでの単独行ゆえ一緒に走る仲間探しからスタートでした。PBPで同部屋だった方をメールにて誘い、まず1名。他に募集の方法も思い浮かばずtwitterでつぶやくこと数時間で2名の追加。なんと、チーム編成が出来きてしまったことに、正直驚きました。後日、メンバー4名が、初めての顔合わせでのコース選定会議を行いルートを決めました。その後、更に1名追加し、何と5名での参加となりました。以降日程調整しながらチーム練習を始めています。平坦基調のこのコースの山場は、伊豆越えではなく東京湾越えです。うまいことフェリーに乗船できて金谷から颯爽と走り始めるチームと、欠航して久里浜で途方にくれるチームの両方が交互に思い浮かびます。もう神に祈らずにはいられません。チーム名についても最大の山場をそのまま、チーム名にしています。たぶん、全員が顔合わせを出来るのも、一緒に走るのも、フレッシュ本番が最初になるかもしれないという特殊なチームですが、全員で協力してナイスプレイスで万歳が出来るようにがんばります。それでは、皆さんゴールでお会いしましょう。


Author Tsukamoto Yasuo


【kurihamakanaya】

TSUKAMOTO Yasuo
UESUGI Akio
SHIRAKAWA Masaru
HARA Motohiro
TANIKAZE Koichi



距離:365.9km
最大標高差:508m
獲得標高:上り:2134m 下り:2144m
スタート:06:00

【エキポ・シクリスタ・浦安】

EQUIPO CICLISTA URAYASU

こんにちは。ECU(Equipo Ciclista URAYASU)です。
私たちは千葉県浦安市をベースに活動している、ブログ「タロウ輪業」を通じて千葉県を中心に首都圏の自転車好きが集まった自転車チームです。2010年に発足してまだ2年足らずですが、現在では約50人のメンバーが所属し、普段は房総でのサイクリングや各地でのブルベ・ヒルクライムを楽しんだり、そして時々レースにも参加しています。今回のフレッシュにはブルベ・ロングライド好きのメンバー5名で参加させていただきます。私たちのコースは地元の浦安市をスタートして、東京都心部を横断し~神奈川~山梨~埼玉~群馬~栃木~茨城~千葉(銚子)へゴールする、24時間・365kmで関東一都七県を走破してみようという、こんな機会がなければなかなか走らないだろうコ ースにしてみました。やはりPC間を最短距離にするという部分で苦労をしましたが、プランを考えるのは面白いし、走ったことの無い道もあるので実走も楽しみです。道中は地元のグルメなども楽しめたらいいなと思いつつ無事に完走して、ナイスプレイスで皆さんとお会いできることを楽しみにしています。そしてAJ千葉のスタッフの方々には大変お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


Author Araki Masatoshi


【EQUIPO CICLISTA URAYASU】

ARAKI Masatoshi
KAWANO Shuichi
MATSUKA Toshihiko
KOBAYASHI Eiji
KAWAGOE Hiromasa



距離:364.5km
最大標高差:625m
獲得標高:上り:2043m 下り:2097m
スタート:08:20

【チーム大観覧車】

Team Ferris Wheel

■ブルベにおける観覧車
地図で調べて「あるはず」「なのに見えない」目的地が民家の隙間からひょっこり顔をのぞかせたり。あるいは深夜、ライトアップが終わるとあれほど巨大なものが闇夜に隠れてしまったり。その印象は多彩です。

■フレッシュに向けて
千葉には現在5つの観覧車がありますが、後戻りなく400km走るという条件から今回はそのうちの4つを通過します。スタート地点は御殿場にしました。我々の実力からすると、残念ながら今年は乗っている余裕はなさそうです。

■コース概要
スタート [御殿場駅]
→ 御殿場プレミアムアウトレット 大観覧車
→ よこはまコスモワールド 大観覧車「コスモクロック21」
→ モザイクモール港北 大観覧車 (ビル設置型)
→ お台場パレットタウン 大観覧車 (大きさ日本2位)
→ 葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車 (大きさ日本1位)
→ BIG HOP ガーデンモール印西 大観覧車
→ 千葉市動物公園(ドリームワールド) 観覧車
→ 東京ドイツ村 観覧車
→ マザー牧場(わくわくランド) 観覧車
ゴール [犬吠崎] (観覧車情報はFWGP調べ)


Author Imaizumi Hiroshi


【Team Ferris Wheel】

IMAIZUMI Hiroshi
YAMASHITA Masaki
WATANABE Tomoaki



距離:403.2km
最大標高差:456m
獲得標高:上り:2525m 下り:2911m
スタート:09:00

【AJ若手の会】

AJ若手の会

1)構成員が全員under30、メンバー集めに時間がかかりました。
2)日本海から太平洋へ一直線ルート。
3)桜前線に乗って直進するので上越から銚子にかけてだんだん満開になるお花見ライド。

ルートと桜前線について、花見スポットを調べてみました。

・スタート地点の高田城が4/6から桜祭り。
・須坂市の臥竜公園桜並木は『さくら名所100選』
・土浦の乙戸沼公園、千葉の香取が桜祭り中のようです。
・花見スポット以外にも街道沿いには桜並木があるかな?と期待します。
走りながらだんだん満開になったら楽しいですね。
補給にだんごが必要です。

雪が心配なのは最高地点の菅平ですが、菅平スキー場に聞いてみたところ、
4月第1週なら例年はほぼ、大丈夫だそうです。

Author Yoshida Hiroto


【AJ Wakate】

YOSHIDA Hiroto
SHIDZU Yoshiaki
KAWAI Takanori
ASANO Takuya



距離:373.5km
最大標高差:1386m
獲得標高:上り:2830m 下り:2782m
スタート:07:00

【お散歩亀さん】

お散歩亀さん

私たちの「お散歩亀さん」チームはチーム名の通り、「①最低限の距離」を「②楽に」走ることをテーマに集まったチームです。メンバーは横浜市北部在住の4名。走力は快速から鈍足までまちまちですが、全員50歳代の(主観では?)美男美女の集まりです。コースは静岡県富士市を出発し伊東→横浜→大手町→印旛沼→利根川と走って銚子に至るものですが、走行距離363km、獲得標高1,717mという数字は、参加チームの中でも屈指の「楽」なコースなのではないでしょうか?この楽なコースを十分な休憩を取りながらゆっくりお散歩モードで走ってゴールしたいと考えていますが、果たして、世の中、そんなに都合よくいくものなのでしょうか?実際に走ってみれば悪戦苦闘、苦心惨憺となるでしょうが、その結幕は懇親会で。


Author Saito Hiroshi


【Osanpo Kamesan】

SAITO Hiroshi
NAKAZAWA Masakazu
NAKAZAWA Shinobu
ISHIWATA Makoto
TAKAHASHI Mamoru



距離:363.3km
最大標高差:361m
獲得標高:上り:1395m 下り:1354m
スタート:10:10

【メイドさん学科自転車部】

メイドさん学科自転車部


『ネタなジャージでガチなレースを展開できたら格好いいじゃないか!』 が合言葉の自転車チーム、メイドさん学科自転車部です。今回のフレッシュは、チームのロングライド班、ブルベ班のメンバーが中心になって、チームを結成いたしました。我々のチームのコースは、ズバリ『聖地巡礼』。千葉近郊はアニメの聖地となっている場所が数多く存在するので、それぞれの場所を全て回って走れば面白いじゃないか!というのが、我々のチームのコースコンセプトになります。

『らき☆すた』 http://www.lucky-ch.com/ で有名な鷲宮駅(神社)をスタートして、関宿から江戸川CRを南下。市川から14号→357号→16号→127号→410号→128号と、房総半島を海岸線沿いにぐるっとまわって銚子まで行くコースです。道中は、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 http://www.oreimo-anime.com/ の舞台にもなっている幕張、千葉駅周辺を抜け、『輪廻のラグランジェ』 http://lag-rin.com/ とのタイアップで一躍有名となった鴨川を抜けます。そして最後は『アマガミSS』 http://www.tbs.co.jp/anime/amagami/ の舞台になっている銚子にむけてひた走りゴール!という、聖地てんこ盛りのコースレイアウトになっております。できれば、アニメのワンシーンと同じ場所で記念撮影をしながらゴールを目指したいところではありますが…果たしてそんな余裕はあるのか!?とりあえずは、事故のないよう、楽しく走って無事に完走できればと思います。

Author Ishii Koichi


【メイドさん学科自転車部】

ISHII Koichi
ISHIKAWA Tomomitsu
KOHATA Shinya
UCHIDA Hitoshi
UNUMA Makoto


距離:362.2km
最大標高差:59m
獲得標高:上り:1178m 下り:1160m
スタート:10:00

【チーム亀太郎】

Team Kametaro

チーム亀太郎はロングライドを指向する自転車仲間の集まりです
(公式ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/teamkametaro/

今回のフレッシュは、自分たちが作ったルートを走る、というところに魅力を感じ、経験の浅い者や経験がない者が走るには丁度良いと申し込みをさせて頂きました。今回の出走は、経験が浅い者3名、経験がない者2名でチーム編成しています。

ルートは、海辺は風が・・・・、山はアップダウンが大変、ということで関東平野をほぼ一周するルートを関東のすべての県を通過する形で、過去のブルべのコースを参考にして作りました。最大のポイントは、通過予定時間は夜中になりますが・・・・・佐野厄除け大師への参拝です。去年は病気等入院者が3名、今年も3名。実は代表の河村も現在入院中で3月中旬の退院を目指しています。このチームの厄除けを願いながら、代表のリハビリをしながら、皆で力を合わせて完走をしたいと思います。

Author Kawamura Yasuhiro


【Team Kametaro】

KAWAMURA Yasuhiro
MORIKAWA Ryoji
SAITO Joichi
KUROSE Daisuke


距離:367.3km
最大標高差:1113m
獲得標高:上り:1559m 下り:2389m
スタート:09:50

【Team Masaoka】

Team Masaoka

2011年PBPで偶然同じ宿だった正岡、小川、永島が2012年度フレッシュが行われるなら一緒にエントリーしよう!と話が盛り上がりました。そこから小川、正岡の友人で埼玉ブルベでいつも一緒の東が加わり、永島の友人の高濱はアドベンチャーレースでは常に上位に入り、ウルトラマラソン等エンデュランス系のスポーツには恐ろしい体力の持ち主でなにかと頼もしい存在です。コースプロフィールの特色はありませんが何となく千葉満喫でしょうか、せっかく千葉主催なので千葉県内にこだわってルートを造りました。


Author Nagashima Hideyuki


【Team Masaoka】

NAGASHIMA Hideyuki
MASAOKA Tokihoko
OGAWA Tatsuya
HIGASHI Kiyotake
TAKAHAMA Yasuhiro


距離:366.5km
最大標高差:359m
獲得標高:上り:2847m 下り:2893m
スタート:09:00

【MuAuanさんと愉快な仲間達】

Team MuAuan with Funny Riders

MuAuanさんと愉快な仲間達

このチームは、ドジでトラブル満載なMuAuanさんを、Flecheという24時間の集団走行で、360kmあまり先にあるナイスプレイスまで無事引き回すミッションを引き受けた4名のスペシャリストが立ち向かう冒険者の集いです。比較的無謀なコース選定でも、道中は飛びぬけて楽しく、愉快に、チームを各メンバーが守り立てて乗り越えて行きます。メンバー中、2名はPBP参加、1名は完走。MuAuanさんは途中でトラブルリタイア。4名は前回のAJ福岡のFlecheでともに阿蘇を登った仲間です。そして、全員があの東北1700(2012年のGWにAJ埼玉が開催する東北方面を走る全長1700kmのHell Week)にエントリ(全部;3名、部分2名)しているブルベばか集団です。

コース紹介
Flecheって難しいですよね。特に夜。皆眠くなる時間帯がまちまちで、一人だと楽勝だろうというようなコースでも意外と距離が伸びない。昨年始めて走ったFlecheで実感したことです。

今年のコースは
① できるだけフラットなコースにしましょう
② 前泊は無しで集まれるところをスタート地点にしましょう
③ その土地の美味しいものが食べたいですね

で、メインテーマは何にしましょうかね~?去年は阿蘇・やまなみハイゥエイがあり、阿蘇で日の出も見たけれど・・・昨年12月13日千葉Fleche検討会(10日にAJ千葉の忘年会で顔を合わせたばっかりだったね~)で酒が入った勢いであっさり決まりました。関東一都六県廻ろう。スタートは、神奈川県武蔵小杉、府中街道で東京都へ入り縦断。埼玉・入間からは、埼玉ブルベでよく使うコースで深谷へ。途中小腹が減ったらシロクマ寄りますか?昼飯はおっきりこみ?利根川渡って群馬県・栃木県・足利で3時のおやつにポテト入り焼きそば?甘いものなら古印最中かな?宇都宮は餃子ですな。烏山まで北上して夜中に備えます。烏山からは宇都宮ブルベでも使われる『和の道』ですが、夜なので景色は・・・。今回最大の難関か!!那珂川は茂木コースの対岸を通って茨城県に突入。4月8日の水戸での日の出は5時14 分、残念ながら大洗での日の出は見られない。見たらタイムオーバーにつき輪行で銚子に向かうことになる。茨城空港を掠め、霞ヶ浦へ。このあたりで日の出かな?しをみ食堂を横目に見ながら22時間目を予定している鹿島神宮参拝。銚子大橋を渡ってようやく千葉県。銚子駅近くがゴール。新鮮なお魚&朝ごはんをいただこうという計画。

AJ千葉主催のFlecheなのに、一都六県中、最短が千葉県というしびれちゃうコースとなりました。予定通り食べられるか?いやいや5人揃ってナイスプレイスに辿り着けるか?ぬるいコースではありますが油断は禁物!!皆さんに笑顔でお会いできるよう頑張ります。

Author Watanabe Seiichi


【Team MuAuan with Funny Riders】

WATANABE Seiichi
NAGASHIMA Toshio
SATO Takashi
TASHIRO Gaku
KAMISHIMA Akihiko


距離:375.9km
最大標高差:191m
獲得標高:上り:1581m 下り:1711m
スタート:08:40

【FlecheGoGo FujiGoko】

FlecheGoGo FujiGoko

PBP2011参加のオダックス近畿有志メンバーで結成しました
「 FlecheGoGo FujiGoko 」です

関西からすると関東エリアを走る機会はなかなか少ない!この機会にキタ━(゜∀゜)━!!見た!喰うた~!と欲ばりにも3拍子を揃えた美味しいトコ取りてんこ盛り企画になっております。

まず、静岡県は新富士からスタート富士宮で富士宮焼きそばを食べ上りのエネルギーをフルチャージ!雄大な富士山を右手に望みながら我慢の山上りと富士五湖を眺めながら山梨県満喫さらに富士吉田にて吉田のうどんでお腹も満たして、道志みちをたどって山下り。さらっと神奈川をタッチして進路を北に高尾、青梅と山ぎわをたどり東京都を横断。五県目となる埼玉県では川越にて太麺やきそば、群馬県は太田にて太田焼きそばに舌鼓♪栃木県は佐野に至り、佐野ラーメンなる美味なラーメンに涙!八県目となる茨城県へ入り霞ヶ浦を眺めつつ行方においては行方バーガを食しついには九県目となる千葉県は香取にてゴール!!そんな関東一円一都八県と富士五湖+霞ヶ浦の6湖&やきそばx3、ラーメン、うどんとご当地B級グルメを食して炭水化物にまみれた楽しくお気楽のんびり珍道中にするつもりです。

しかし果たして、そんなに食べられるのか???

Author Sasai Hideharu


【FlecheGoGo FujiGoko】

SASAI Hideharu
KAWASAKI Yoshinobu
GOTO Makiyo
GOTO Toshio
TAKEMURA Hiroki


距離:385.5km
最大標高差:1113m
獲得標高:上り:2723m 下り:2675m
スタート:08:00

【テラ ノバ】

terra nova

今年もBRM108を皮切りに、ブルベが開催されることになりましが、昨年の絶対に忘れる事の出来ない、東日本大震災の一部被災地である千葉を走る事は、走行者もスタッフもそれなりの気持ちで参加される事かと思います。私達も、そういう意味では、チーム名(terra nova) とし、ラテン語で新しい大地という意味で、今回の被災地開催のフレッシュにふさわしい意味のチーム名にしました。

メンバーには 昨年骨折などをした方が二人含まれ、全ての意味で復興を超えた 復活を願いたいという気持ちと ロバートスコットが、最後に南極大陸を探検しに行った最後に乗った船の名前が、「terra nova」で、奇しくも2012年は、没後100年になるという節目なので、1時間程ですが船に乗る計画にしました。

1.スタートからPC2 http://yahoo.jp/W0eEv0
フェリーにて対岸へ、距離0km 経過時間1時間10分(同一場所で2時間以上滞在してはいけないというルール規定に準ず)
2.神奈川県上陸から、ゴール http://yahoo.jp/P2qHpB

※備考:基本最短距離に関して、自転車通行可にさせていただいています。佐倉で1箇所、農道が最短になりますので、航空写真その他、実走で、自転車通行可ということにしている箇所がございます。また、ルートラボ上 最短にすると、自転車通行禁止場所もあるので、それを、国土交通省各管理事務所にて、確認して、ルートを引いている箇所もあります。

気をつけなければいけない都心の自転車通行不可について、
1.神奈川と東京の境で多摩川を渡る六郷橋 東京方面上り線は自転車通行禁止ですので歩道を行くことになります。(下りも以前は禁止だったのですが緩和されたようです。これは上りは多摩川を渡った直後に左側に分岐する車線があり、交通量が多く速度が速いことが理由)。土手の高さもそこそこあり、川崎側の坂部分は押して歩くかもしれません。東京側も歩道が狭く歩行者がいるので歩くような速度で行くことになります。
  
 (左・川崎側、R15は自転車禁止、側道を通ってその先要歩道通行)
 (右・六郷橋上、左への分岐先の歩道はループ、下った先は狭い)

2.R15R357 芝浦から汐留の区間は自転車通行禁止なので避けなければいけません。

 (左・R1海岸通り芝浦近辺、自転車通行禁止)
 (右・R1海岸通り浜崎橋、自転車通行禁止)

ゴール地点に関しては、22時間地点から、25km以上の最短ゴール地点も記載していますが、フレッシュ規定 9条、10条及び、趣旨にたいして、距離を伸ばしての最終地点ゴールをめざしますので、万が一の為の、最短ゴール場所として、ルートラボのマップ上に噴出しで、最短ゴール位置を明記しています。

 TERRA NOVAメンバー紹介

東  良太/埼玉県 フレッシュ3回目 3年連続SR 全体のコースプロファイル、VTR担当
伊藤 仁人/千葉県 フレッシュ3回目 2007年PBP完走 チタン星人2号 東京都内~千葉県内ロードマップ担当
川野 岳大/東京都 フレッシュ4回目 2007 2011年PBP完走 チタン星人1号 東京都内港区ロードマップ担当
唐澤 秀紀/神奈川県 フレッシュ初参加 2年連続SR取得 フェリーの過去の欠航状況、神奈川県内ロードマップ担当
稲垣 照聡/長野県 フレッシュ3回目 2011年PBP完走 食事処、温泉など取りまとめ役担当

Author Inagaki Mitsuaki


【TERRA NOVA】

INAGAKI Mitsuaki
KARASAWA Hideki
AZUMA Ryota
KAWANO Takehiro
ITO Masato


距離:373.9km
最大標高差:66m
獲得標高:上り:1322m 下り:1313m
スタート:08:00

【チーム・レアポップ】

Team Rarepop

Team レアポップ:
今回初参加のフレッシュ。メンバー3人は、それぞれSR認定者、400km認定者、300km認定者、内2人が膝痛持ち。コースは、港区南麻布のコンビニから関東一都六県を時計回りにすべて通過します。脚質もまったく違う3人で、果たして完走出来るのか?

Author Yoshikawa Jun


【Team Rarepop】

YOSHIKAWA Jun
SHIGEMORI Koichiro
SHIMIZU Yukio


距離:369.2km
最大標高差:210m
獲得標高:上り:1398m 下り:1467m
スタート:08:00

【TeamFunRideTogethers】



我々のチームはサーカス団の獣のように個性派揃いの5名で構成されております。基本的にFunRideをモットーとしており、コース設計については、どれだけ坂を少なく、どれだけ規定ギリギリの距離に設計するかに重きを置きました。コース中盤は市街地が多く、最短経路の探索に非常に難儀しましたが、今思えば仲間内でルートを精査した時間も非常に有意義だったように思います。皆の心はひとつ。落伍者が出たら引きずってでも5人でゴールする覚悟で臨みたいと思います。ゴールでは皆で感動を分かち合いましょう。どうぞよろしくお願いします。

Author Ogawa Tatsuya


【TeamFunRideTogethers】

OGAWA Tatsuya
MOGI Keita
NAKAGAWA Takashi
SANO Setsuya
SUNOHARA Masahiro


距離:367.9km
最大標高差:1114m
獲得標高:上り:2383m 下り:3286m
スタート:07:30

【Team 219 for Chiba Fleche 407】

Team 219 for Chiba Fleche 407

印旛沼近辺を根城とする50才台3人組です。
当初は4人参加でメンバーの年齢合計が219才だったので、それをチーム名にしました。残念ながら、内1名が不参加となりましたが、足らない分は3人で楽しんで走ります。今回のコースは、ブルベやサイクリングで普段から慣れ親しんでいる房総半島を一周してゴールの銚子も目指すものとしました。ご承知の通り、天気、風向き次第で大きく表情の変わるコースです。さて当日は我々にどのような表情をみせてくれるのでしょうか?ゴールで皆さんとお会いできる事を楽しみにしつつ370kmを走ります。
元気な親父3人組をヨロシク~!

Author Yaotome Takanori


【Team 219 for Chiba Fleche 407】

YAOTOME Takanori
HAKKAKU Hisao
YOSHIDA Eisaku


距離:371.9km
最大標高差:210m
獲得標高:上り:2146m 下り:2153m
スタート:07:20

【チーム春風】

Team MUHARUKAZE

チーム名について
季節の春風に乗って、うまく走り抜けたらいいな~と願いをのせて、チーム名【チーム春風】に致しました。(向かい風にならない事を祈りつつ)

フレッシュを参加するきっかけ
「4年前の宇都宮フレッシュを取ったから、私と同じR5000ですよね?」「実は・・・。」「だったら、一緒にフレッシュ走ってR5000を取りましょう!」こんな会話からフレッシュ参加が決まりました。早速メンバー集めです。といっても、すぐに見つかりました。同じチームでブルベ走っている二人が加わり、KING+プリンス+姫+馬車馬のチーム構成です。(※Kを省略)

メンバーも集まったし、コースは?なにか特長があるコースがいいな~ 辛くない平坦なコースがいいな~ フェリーを使うのもいいかもね~ コースで文字を描くのもいいかな~ といろいろと考えつつ、関東をぐるぐる廻るコースなら平坦では!?うまく1都6県を廻れば、楽しそうでは?という事でコース設定を開始。概略コースを作ると近隣に山梨県もあり、いれたい・・はいるかな~

さて「関東地方」「首都圏」とはどちらが広いでしょうか?
答え:関東地方は東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城の1都6県それに対して、首都圏は関東地方+山梨県の1都7県なんです。(辞書的に)山梨県も入れば、首都圏制覇(1都7県)だ!と改めてコースの引き直します。大丈夫そうな感じです。後は詳細なコース設定。しかし、単純に走るのでは、面白味がありませんので、以下のコンセプトをもってコースを作成。

○一度通った道は通らない!
○県(都)毎でPCを設置!
○PC間は他県(都)には入らない!
(※千葉県は22時チェックのPCとゴールで2箇所)

本当はスタート地点に自走で戻って、ぐるっと1周と行きたい所ではございますが、懇親会もあるし、メンバーに止められたので(本当に?)以下の順路で1都7県のコースが完成しました!神奈川県(スタート)→山梨県(PC1)→東京都(PC2)→埼玉県(PC3)→群馬県(PC4)→栃木県(PC5)→茨城県(PC6)→千葉県(PC7、ゴール)

さて、私達「チーム春風」は、良きコースを完成致しました。チームで春風の中、楽しくレシート集めをしながら、走り抜けたいと思います。ご参加のチームの皆様、当日ゴールでお会い出来る事を楽しみしております!

Author Nakamura Hajime


【Team Harukaze】

NAKAMURA Hajime
INAGAWA Hiroshi
YOKOYAMA Yasuhiko
INUI Wakaha

距離:362.9km
最大標高差:831m
獲得標高:上り:1679m 下り:1738m
スタート:06:30
プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。