スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flèche407いよいよ・・

Ap2N6LECAAIkuAM.jpg

数週間前の週末ごとの雨も嫌だったけど晴れて寒いのもね・・
Flèche407もいよいよラストスパートに入っているチームもあります。

今回は先週半ばの春の嵐の影響なのか北陸、東北は積雪があったようです。
目が覚めたらまさかの銀世界・・一方快適に船の旅で移動しているチームもあったり(笑)
犬吠埼でみなさんのお話が聞けるのを楽しみにしています。

ガンバレー!
スポンサーサイト

【Wind Bells BC】

Wind Bells BC

チーム名 Wind Bells BC ウィンドベルズ・バイシクルクラブ 南関東を拠点とする、レースから旅情から自転車教室の実施まで手掛ける、自転車クラブチームです。拠点とする南関東一都3県を全て通過するコースを辿り、更に獲得標高がマイナス(!)という、標高の高い場所からのダウンヒルスタートをします。 本当は富士山の五合目からスタートする、一番高い場所からやってきたチームとしたかったですが、時間の都合で山中湖に変更しました。

メンバー紹介 ただくまさん 初ブルベが行き成り400kmだったというつわもの。年長者としてチームメンバーを引き締める。おおつぼさん 毎回先頭ゴールしてくる常連だが、真の目的は低予算ブルベ。PCのレシートに10円と付けるのがおなじみ。今回はPCにローソンス トア100ばかりを選ぶ(笑)。交通費もケチり、自走含めて2日で530kmを予定。さいとーさん 初ブルベで落車リタイアの苦いデビュー。まだ300km以上の認定を受けていないが、力は問題ない。近日に膝を故障してしまい、完 走が危ぶまれる。石垣島トライアスロンが近い為、故障の予兆が見られたら、勇気ある撤退を・・・

残念ながら1名が膝の故障によるDNSとなって3名での出走となり、更に1名も近日膝故障したため、認定を受けられる可能性が低そうですが、残る メンバーだけでも、「完走」は果たそうじゃないかと意気込んでいます。


Author Hattori Tsukasa


【Wind Bells BC】

OTSUBO Takashi
SAITO Fumikazu
TADAKUMA Masato


距離:362.7km
最大標高差:1107m
獲得標高:上り:842m 下り:1773m
スタート:10:00

【銀輪の駄馬車】

銀輪の駄馬車

ひょんなきっかけで知り合った自転車仲間…みんな早くは無くても楽しくロングを走っています。そんな仲間で組んだチームの名称はズバリ【駄馬車】…ゆっくりでも何とか走れます…Flecheをいかに「愉しく」走るか?をコンセプトにコースプロフィールは高低差から検討。前半は登るが後は降って平地。まさかのマイナス獲得標高差か!

「下り基調がいい」「平坦路を快走したい」「往復や周回ではなく、遠方から一直線に集まるのがフレッシュ本来の趣旨らしい」こんな考えから我々が選んだスタートは信州・長野市。たとえPBP完走者であっても、チームとして24時間で360km以上を走るFlecheは易しいものではありません。完走の可能性を高めるためには上りより下りが多い方がいい。そう思ってスタート地点を長野と決めたのはいいものの・・・。どの峠を越えて栃木県に入るのか?どの橋を渡って利根川を越えるのか?どこで食事休憩を摂るのか?Flecheのために用意したgoogleサイトと週次のskype会議で議論を重ねて決定してきました。それでも我々を苦しめたのは「コントロール・ポイント間の最短距離を実走行距離として採用すること」という規定…早くから準備を開始していたにも関わらず、次々に代替ルートが見つかり、申し込み直前までコースの修正を繰り返しました。降雪や凍結のリスクも何のその。高いところから低いところへ走ってラクをしたい、できれば途中でお風呂なんぞにも浸かりたいという欲望をすべてに優先させたこのコースは、まさに「銀輪の駄馬車」のチーム名にふさわしいものであると自負しております。しかしゴール当日、我々が本当にゴールにたどり着いているのかどうか、これを書いている今、不安で不安でたまりません。そうしてできあがったコース地図で見るとそれほど厳しいコースではないはずですが、さてさて、駄馬車は無事にゴールまで辿り着けるのでしょうか?

長野~佐久~下仁田~伊勢崎~下妻~我孫子~佐原~九十九里海沿い~犬吠埼

決して甘く見ている訳ではありませんが…道中、風呂に入ることまでしっかり織り込み済みの快適・快楽コースを地図上では設定。走る愉しみを充実させる長野→犬吠埼最短コース。目標はゴール後のお風呂に宴会!駄馬ながらもしっかり愉しみ走ります。


Author Takemura Naoki


【Ginrin-no-Dabasha】

TAKEMURA Naoki
YATA Hiroyuki
FUJITA Toyohiro
MATSUDA Takeshi
NAKAMURA Shimpei


距離:378.2km
最大標高差:951m
獲得標高:上り:1327m 下り:1611m
スタート:04:30

【エキップみのり】

エキップみのり

エキップみのりです。1人減の4人でお参加です。
昨年、勤務先の拠点移動があり、メンバーの数名が九州転勤となり、福岡から2名、横浜から2名での参加です。昨年のフレッシュ福岡では広島県内R2の路肩付近の溝にはまって集団落車しDNF。今回はそのリベンジでもあります。
よろしくお願いします。

Author Nakajima Fuminori


【Equipe minori】

NAKAJIMA Fuminori
ITO Yoshiyasu
HORIE Ryuji
TAKADA Yoshitake



距離:374.2km
最大標高差:189m
獲得標高:上り:1140m 下り:1131m
スタート:09:20

【Fleche Japon 2012】

Fleche Japon 2012

昨年のPBPのDVD、ご覧になった方も多いかと思います、今回のDVDには先頭集団の画像が多く使われていたのはお気づきですか?あの集団に日本人がいたら… そんな夢みたいな話を現実のものにしたいという一人一人思いが私たちにはじめの一歩を踏み出させてくれました。

先ずはチームとしての600km走行を目指します、出どころも足色も全く違う5人のオダックス、西から三船雅彦、鮫島達三、落合佑介、東から黒澤久、上保一之 個人なら私以外は24時間で600kmは十分射程距離のメンバーですが集団走行では如何なるものか、全く想像ができません、2015年PBPで日本人を先頭集団に送り込むためのチーム作り、そのためのデーターを蓄積するために全力を注ぎます。

今回の私たちが走るルートを作成するにあたっては、沢山の方々のご協力をいただきました、この場をお借りしまして御礼申し上げます、ありがとうございました。ルートを最終決定するまで、何度も試走を繰り返しましたがそのたびに、皆さんのルート作りにおける細やかな心配りに触れられ感謝の気持ちでいっぱいになりました、私たちだけではこのようなルートは到底引くことなどできなかった…

などと言いつつも、年度末明け(笑)正直きついです、でも、ほんのちょっとだけでも夢を見るために出発しようと思います、犬吠埼で参加者の皆さん、スタッフの皆さんとお会いできることを楽しみにしております。


Author Uwabo Kazuyuki


【Fleche Japon 2012】

KUROSAWA Hisashi
UWABO Kazuyuki
MIFUNE Masahiko
SAMEJIMA Tatsuzo
OCHIAI Yusuke



距離:604.2km
最大標高差:306m
獲得標高:上り:1976m 下り:1984m
スタート:07:00
プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。