スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 BRM718千葉200(大子)コースレポート

こんにちわ、千葉の鈴木です。

BRM718千葉200km(大子)を1週間前の7月11日に走ってきましたのでそのコース試走レポートです。今回同日の1時間前スタートの300km(大子・石岡)がありますが、200kmのキューシートでスタートからNo.3までとNo.8から常陸多賀までは300kmと同じルートになります。さらにNo.24~26は300kmの逆ルートで、さらにNo.34からPC3先のT字路までも同じルートになっていますので、つられて間違わないようにしましょう。

300kmがNo.3のポイントからR245方面に左折するのに対して200kmは右折します。阿字ヶ浦まで海を右手に見ながら県道6号線を走る快適なルートで天気がよければロードバイク乗りも非常に多いです。No.5で右折して阿字ヶ浦海岸方面に下りますが、ここを下りきった先のコンクリート舗装の段差で以前のBRMで転倒者があったとのことなので慎重に下りましょう。No.6で左折し、ひたち海浜公園を右手に片側2車線の道を行きます。13.1km地点の左側にジョイフル本田があり、9時開店ですが自転車コーナーでは700x25cのタイヤやチューブも売っていますので、万が一ここまでにタイヤ交換が必要、とか予備チューブが底をついた、なんて場合は寄ると良いでしょう。実は試走時お世話になりました。

No.8のポイントから先のR245は交通量が多い上に路肩が狭いので大型車注意です。長い車両運搬車やトレーラが多く、左折巻き込みにも注意です。No.9のポイントは右方向の6号バイパスの橋は自転車通行禁止のため直進です。日立駅の東側を通って道なりに下ってから6号バイパスに合流します。No.14のポイントは車と一緒に左側からR6旧道に右折合流します。手前の歩行者信号で右側にわたってしまうとR6旧道を横断できないので注意です。

R6もR245同様に交通量が多いですが、路肩はより広いところが多く、意外と走りやすいかもしれません。このコースは基本的にPC2からPC3の間の約70kmから130kmの間に山が集中しているので、R6も小さなアップダウンがありますが、PC2までの平地区間で貯金を稼いだ方が良いでしょう。No.22ポイントから先、PC2から約5km位でつづら折れの登りが始まりますが最初の登りは1km程度ですぐにピーク。その先約5kmでもう1つ丘を越えた後、広域農道にNo.24ポイントで左折すると本格的登りが始まります。この広域農道、 ほとんど車が来ません。試走時は地元のローディと一緒になり、おしゃべりしながら登りましたが、地元の練習コースのようです。

PC2から17.5kmで広域農道の登りピーク(87.8km地点)で一旦小山ダム方面に下ります。No.25で右折してから小山ダムまで少し急な9%の登り、小山ダムにはトイレや地場産品販売所があります。試走時は小山ダムから先、PC2から24.5km(94.8km地点)に工事中の未舗装区間がありした。No.26ポイントの先、県道111号は川を右に渡ってから先は1車線の道になります。この川沿いの道はせせらぎが近く天気が良ければマイナスイオン感たっぷりで気持ちがよいです。No.27ポイントの先はところどころ急な登りもありますがいずれも短いので頑張って乗り切りましょう。No.28で県道22号に右折してから本コースの最高標高地点に登っていきます。ピークの手前約500m位に少し勾配が急になるところがありますが、これも短いです。

大子200kmの最高標高地点

下りはスピードが出ますがブランドカーブが多いので対向車注意です。道一杯に走る大型ミキサー車が走っていたりします。下りきってからR349を右折し、500mで大子方面に左折し登ります。この大子町へのピークを越えた後、下りきったところで一時停止看板で県道195号を渡って直進。小さな丘を越え、「内大野」交差点を右折します。

大子町へのピーク

右折後は直登気味の短い坂を登った先、小さな峠を1つ越えれば県道28への下り、そしてR118に合流気味に左折して3キロちょっとでPC3に到着です。PC3の後は大きな登りはもうありません。No.34~36ポイントのR118は時々登り返しがあるが基本は下り基調です。147km位の地点に少し長めの登り返しがあります。No.38ポイントは感応式信号の左折ですが、バイク用押し釦もあります。

PC4 はブルベでは珍しい?セイコーマートのPC。アイスとプリンの品揃えが豊富です。ガリガリ君レモンヨーグルト味なんてのもありましたヨ。No.42ポイントからのバードラインはアップダウンが多いですが、最後だと思って押し切ってください。朝も通ったNo.48のポイントを右折して最後の坂になる那珂川の海門橋を登ればゴールはまじかです。怪我しないように無事に帰ってきてください。








スポンサーサイト

20150214:銚子犬吠埼観光のご案内

いろいろと体調管理が難しい今日この頃
ボクも先週は、節分に恵方巻を食べてからあと、何かしらのウイルス胃腸炎に苦しみ、きつ~い日々を過ごしてました。
ばいきんには気を付けてるんですけどねぇ・・・ばいきんやっつけてばいばいき~~ん!ってね

ということで、ばいきんまん佐藤ですw

2月7日、犬吠埼200kmのほうを途中まで試走してきました。胃腸の調子がまだ病み上がりで、すべて走ることは無理としても、最低限の仕事を、ということです。
わざわざ走ることもないかなと思っていました。このコースにおいて、ほんとにわかりにくいキューシートポイントはほとんどない。しいて言えば、往路と復路でちょっと異なるアプローチをするR128ノ離脱と合流ポイント。これくらいです。すなわち、キューシート12番と37番。12番のところは、R128が右旋回していくのに対して、ほぼまっすぐ直進していく感じです。その道に入ったらすぐ向こう右側にセブンイレブンが見えます。それが正解、その角を左に曲がります。
帰路の37番は、右側にあるセブンのところは右折せずまっすぐ行ってR128に合流して鋭角に右に曲がります。
マニアックな林道ばかりのキューシートとは違ってはっきりとした曲がり角ばかり、このコースでミスコースするものなら先行き前途多難、それくらい簡単ですから、あとはボけっと走らないように。しゃっきり走りましょう!!

病み上がりのボクのタイムテーブルはこんな感じです
8時5分スタート

9時57分PC1
1423438286795.jpg

12時58分PC2
IMG_20150207_130058.jpg

17時54分PC3
1423438336531.jpg


ポイント
1・R409は、大型車が多く通行します。特に道が広いわけでもなく、路側帯もないため、後続車をやり過ごすのにはかなり難儀します。大人数で連なって走ることのないようにお願いいたします。5人と連なっただけでも大変です。
2・当日の風がどういう風に吹くかで、難易度が変わってくることもあります。ボクの場合は一松に出てから九十九里は向かい風の傾向、犬吠埼からの帰路は追風のような感じでしたが、あまり恩恵はありませんでした。とにかく風によって難易度が変わる「風のブルベ」です。
3・県道30号九十九里は、とにかく単調こんな平坦ばかりいつまで漕げばいいんだ!と発狂したくなるくらい、人によってはトラウマになるくらいの「飽き」があります。海沿いを走るのに、海見えませんからw  この往復120kmは、我慢し続けることの重要さを知ることになるでしょう?? 

ただ走ってるだけだと、ある意味、面白みも何にもないこのコース。それでも、何らかの楽しみを見つけて行くなら頑張れるはず!!
そんな思いもあり、犬吠埼で観光してきました。ここにその一例を。


IMG_20150207_125233.jpg
試走の時は、たくさんのキャベツが実っていました。収穫も間近と思われます。

IMG_20150207_131353.jpg
銚子電鉄の観音駅ここのホームでは、

1423438297669.jpg
たい焼きを販売してるんです!!
200kmのほうではちょっと足を延ばす必要ありますが、特に300kmのほうでは立ち寄りおススメします。

犬吠埼まで来たんだから
1423438307021.jpg
やはり、灯台を見に行かないと!!
そして、ポストが白い!!白い郵便ポストは日本全国ここだけらしい話もある。

IMG_20150207_134059.jpg


昼飯は、外川の漁港にある「いたこ丸」にしました。
IMG_20150207_140902.jpg
いたこ丸上定食1600円
4種の刺身は、鮪、鯛、鱸、烏賊。揚げ物はつぶ貝です。ボリューム満点!!

今回のコース、銚子ドーバーラインなるところを走るわけですが。ドーバーって?
もちろん、イギリスにあるドーバー海峡から来ています。その景観が、ドーバー海峡のようであることから、この一帯の岸壁を「銚子のドーバー」と呼ぶようになりました。
IMG_20150207_144837.jpg
正式名称:屏風ヶ浦。その岸壁はまた、屏風のようにも見えます。

銚子をあとにして、帰路は飯岡灯台にもよりました
IMG_20150207_152908.jpg
「ちゃっちい灯台」です。

そして、飯岡のある旭市は
IMG_20150207_153135.jpg
あしたのジョー作家のちばてつやさんが育った町、ということで、こんなのも飯岡灯台にありました。

そして、ボクがここに来るといつも見る光景
IMG_20150207_153416.jpg

旭市のこの一帯も、2011年の震災の時には、かなりの打撃を受けました。震災の年の年末にはじめてここから眺めた時には、まだ壊れた家屋もあったと思います。今でこそここは随分と復旧しましたが、今もまだ震災中心の東北・三陸は一向に改善の兆しが見えない。
改めて、自然の驚異というものの恐ろしさを感じます。そしてそれを忘れてはならない。


最後はしんみりしてしまいましたが、銚子犬吠埼にはいい場所がたくさんあります。時間がありましたら、観光も視野に入れてみてください。
ボクは茂原から輪行の人になりましたww

※ ブルベコースをそれたらミスコースです。そして、ミスコースしたら、その場所まで戻り、コース復帰しなければならない
。この意味がわかるか!?!? 観光を楽しむにしても、そのルールは遵守しましょうということです。なにとぞ、ヨロシク!!



2015年 AJ千葉の幕開け~南房フラワーライン200kmの試走

ブルベシーズン中は、いろんなブルベに顔を出している関係忙しく、オフシーズン後は仕事の年末繁忙により毎日が戦場&地獄絵図な日々を過ごし、気付いたら年始を迎えていました。もう1月13日です。あっという間ですね・・・


AJ千葉の佐藤です。今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

とうとう2015年、今年はPBP(パリ~ブレスト~パリ)yearです。たくさんのブルベライダーがおそらくこれを目指すのではないかと思います。
1月12日は神奈川ブルベにお邪魔しまして、8時間2分でゴールしたのですが、お仲間のスタッフTさんとAさんに「PBP出ないの??」と言われてました。基本的にボクの受け持つ担務上、最高で取れても1週間までの休みなので、行っても弾丸過ぎて楽しめません。SE(スポーツエントリー)の参加登録でも、ボクは2015年PBP参加は「無」にし続けてきました。
PBPはボクに代わって、たくさんの人に楽しんできてもらいたいと思っております。

さて、1月17日に行われる我が千葉ブルベの試走を、1月4日に先陣切ってしてきました。
恒例の南房フラワーライン。同じく定番コースでもある房総クラシックよりは難易度も軽く、初春のブルベにはふさわしいものとなっております。
そんなボクも過去に2度走らせてもらっております。しかし、その都度若干のコース修正がされてきました。2011年に走ったときは、PC3以降は天津からの清澄養老ライン~亀山湖からのR410方面での帰路になっていたのに対し、2014年の時はR410方面の道で崩落があって養老渓谷経由のコースに延長され、ちょっと長い距離になってしまいました。
そこの崩落が治れば、過去のコースにもできるはずでしたが、今年は昨年に起きた清澄養老ラインの崩落がまだ修復されていないとのことで、海沿いの区間を天津から小湊に延長し、県民の森入口から勝浦ダムを経由して養老渓谷に出るコースとなりました。

簡単に紹介していきます。

スタート~PC1
スタートしてからは、木更津を経由して富津方面に向かう、基本平坦基調のみちです。コース上で見間違いにくいポイントはNo,14。当初は直進し大貫海岸に出ましたが、行ってみたら通行止めでした。まっすぐ行ったら通行止めなので、それだと×です!!
東京湾を見ながら、上総湊をR465に進むとPC1です。

PC1~PC2
よく千葉のブルベでは、PC1のセブンをよく使わせていただいてますが、そこから南下するときに、志駒街道か県道88号を使いますが、今回は後者です。ところどころ曲がり角がありますが、基本的に88号線を終着まで進んでください。この区間は、アップダウンがある区間。そして、通年どおりならば、アップダウンが終わって世界が開けた三芳の町からは、風向きが変わってくるかもしれません。冬場のこの時期は普通北風ですが、南房総は南西からの風が吹くことが多いのですねぇ~
K88を右に曲がり海に出たら、海沿いの道をたどればPC2です。

PC2~PC3
とにもかくにも海を満喫する区間です(笑)
洲崎灯台までは我慢かな、それを過ぎれば追い風ひゃっほいになるかなと思いますがそれは天候次第。
通過チェックは有人です。もちろんこの道をちゃんと走らせる意味を持たせてありますので、ショートカットとかはしないように。失格になりますからね!!
千倉辺りは、とにかく海沿いの道で走ってください。国道は通りません。北朝夷からR410に合流し、さらにはフラワーライン県道を経てR128にでます。
普段よく参加されている人は、大海のところから鴨川に向けては県道を走るのが鉄板であると認識しているところでしょうが、今回試走したときに、そのポイントが地滑りで通行止めでした。トンネルの先まで行ってください。
No.42がそれになります。鯛の浦看板が目印、一番いいのは、ちょっと先に信号があるので、それを使うのが最善ともいえます。各自の判断でお進みください。

鴨川の駅を過ぎ、再びR128を走りますが、誤ってバイパスには行かないように。小湊まで走ってPC3につきます。

PC3~ゴール
長い海から離れ、内陸を走って袖ヶ浦まで戻ります。
県民の森入口の先に、林道線の看板があるので、そちらに向かって進みます(No.54)。次のNo.55は、、代表が試走したら立ち入り禁止看板がありましたが、ボクが行ったときにはなかったので、あるかわかりません。勝浦ダムの塀上を過ぎたらすぐ、右に下る道を下りK182で北上します。そのままK81、K32ととおり、No.61はちょっと上った先にある大きな交差点、No.62も右に曲がると開けます。セブンイレブンのところを曲がります。
キュウシートには載っていませんが、馬来田駅先の真里谷交差点、見方によっては斜め右へ進みます。それが道なりなので間違いないとは思います。高谷からR409、そして広域農道を高速まで進み、K143を使って袖ヶ浦に戻ります。

そんな感じです。道中は美味しい食べ物提供してくれる店も多くありますから、時間に余裕ある人は事前に食べ物や情報のチェックとかもしてみてください。ボクは9時間6分でした。本番走るのであくまで試験走だけですが、いつもの道が使えなかったりと、収穫多くいった意味は大いにありました。


さて、最後に、ブルベ初参加の人たちへのお願いです。
まず、ご参加いただきありがとうございます。AJ千葉にようこそ!!
ブルベをするにあたっての何点か注意事項です。

1・参加案内と権利放棄書はよく読み、書面にサインしてスタート受付の時には必ずお持ちください。
2・ブルベカードをお渡しするので、必要事項を、間違いなく、正しく記載しましょう。
3・ブリーフィング後、車検を行います。ブルベ規定に沿った車検です。装備を忘れずにしてきてください(よくありがちなのがベル未装着。あと、テールランプはサドルバッグのクリップとか、ダメです、フレームに固定させるのが原則ですので注意。フロントライトは、暗すぎると全く見えませんので、これも注意)。
4・各PCのレシートは、しっかりと持ち帰ってください。レシートがないと、通過時刻の照明証明ができないので、認定できなくなります。ブルベカードと合わせて、無くさず持ち帰りましょう。
5・参加前にコースの事前予習を惜しまないでください。「ここはどこ?」と言われても、スタッフ答えようがないです(^^;

これをまず守ってください。そして、道中は安全運転、道交法遵守を徹底し、他者との交通事故だけは起こさないようにしましょう。一般道を走っている関係、事故を起こされると同じコースの次年度以降の開催が危ぶまれることになるのです。

その他、いろいろとブルベ規定ありますがあまり身構えないようにして、まずはこれらを守り楽しく走って事故なく帰ってくる。これで行きましょう!

それでは、1月17日当日お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします!!

IMG_20150104_073759.jpg
袖ヶ浦海浜公園

IMG_20150104_090303.jpg
キューシートNo14気付かずまっすぐ行っちゃうと通行止め

IMG_20150104_110139.jpg
道の駅三芳のスーパービンゴバーガー

IMG_20150104_122935.jpg
IMG_20150104_122955.jpg
フラワーロード

IMG_20150104_131111.jpg
千倉漁港

IMG_20150104_135554.jpg
いつもの県道に行く道はこうなっています

o_C342303410432759001421072187file2.jpg
キューシート42国道から大海駅の入口はこんな感じ

IMG_20150104_170637.jpg

ゴール後の夕焼け

BRM1026千葉300(房総クラシック・九十九里)コースレポート

こんにちわ、千葉スタッフ主にWeb担当 田代です。

BRM1026千葉300(房総クラシック・九十九里)のコースレポートです。

300の方のコース説明は「おなじみナイトスタートの300km、闇夜を制してゴールを目指せ! 
となっています
”クラシック”の名を冠していることから、AJ千葉ではお馴染みの定番コースです。
これまでは310kmほど走るコースでしたが、九十九里のあたりのPCなどを見直し、302km程度にしております。

注意点などを書きたいと思います

-----------------------------------------------------
注意ポイントは以下のとおり
・No.8からの丹原林道
・No.44 新つつもりトンネルの後
・No.45 三石山(登りも下りも)
・房総の夜は真っ暗なので、強力なライトを強く推奨します
-----------------------------------------------------

1)丹原林道は怖い
22時スタートで、No.8の地点は18.4km地点ここから約4kmを丹原林道を走りますが
「怖いです」 なんというかおどろおどろしい・・・・
この区間だけでも「どなたかと一緒に走る」ことを推奨いたします(笑

また、No.9のK169にでるちょっと前に、急な下り坂がありますが、落葉や落枝があり、また砂も浮いている箇所があります。下りきって鋭角に曲がるところまでは十分注意して行くといいと思います

2)新つつもりトンネルの後にダート区間2箇所
R465にはいって新つつもりトンネルが新しく出来ていますが、登り終わって
下りに入ると段差のあるダート区間(工事区間)が2箇所
あります。
段差は比較的大きめでした、かつダートなので十分に注意してください

3)三石山(登りも下りも)
亀山大橋をわたってすぐに、No.45三石山観音寺へ左折した後、三石山を登り、その後下りますが
たいへん荒れています

特に下りは
・グレーチングがひどい
002.jpg

003.jpg

頂上から3個目、4個目あたりのグレーチングが特にひどいです

・落葉、落枝、落石多数
004.jpg
この写真はグレーチングが埋まってます、落葉、落枝が積もっている箇所も多数でした
ダム近くになったら道が綺麗になって、二車線になります
そこまでは注意して下ったほうが安全かと思います

ちなみに
登りでも下りでも
「鹿が出ました!」
立派な角でした orz

あとは鴨川にくだり、定番のコースを走ります。
300の進行方向では南西に海岸線を向かいますが風向きが・・・・・厳しい時が多いのでがんばってください ;-D

思ったよりもアップダウンがあり足に来るコースです

BRM1026千葉200(房総クラシック・南房総)と同時開催ですので、白浜~道の駅三芳村~ あたりで200の参加者とすれ違うことができると思います、互いにエールを交わしましょう!
文字色
がんばってくださいね、無事ゴールされることをお待ちしております

■番外(グルメポイント)
正直300は22時スタートなので、あまりグルメなどができない場合があります
#とくに早い人は午前中で帰ってきちゃう場合は、ゴール後にどこかに食べに行かれるといいでしょうw

・ピーナツソフト(館山) 8:30~17:00 [食べログ]
・ビンゴバーガー(道の駅・三芳村) 11:00~16:00 [公式HP]

BRM524千葉400(ぐるっと房総) 試走レポート

こんにちわ、千葉スタッフ主にWeb担当 田代です。
試走レポートはいつ以来だろうか・・・・BRM810千葉200(つくば)以来か!

サボっていてすいませんでしたm(__)m

房総半島を出来るだけぐるっと廻るというコンセプトのこのコース
敵はやはり九十九里と利根川
風次第でレベルがガラッと変わると思います。

ポイントは
・PC1~PC2に結構上りがあるので注意
・九十九里、利根川は飽きが敵。
・銚子から先の利根川沿いは本当にまっくら、一人で走りたくないです
・安食~佐倉も真っ暗です、堤の上をずっと走る感じ
・思ったより小さなアップダウンがあります、決してどフラットな400ではありませんね、後半も
・佐倉街道など遅くなると交通量が増えてしまう
・蘇我からの最終区間は思ったより信号峠
・真っ暗な区間があるので、強力なライトを強く推奨します
・利根川大橋手前のファミマから次のPCまで約40km、コンビニはありません、自販機もたまに見かけるかもぐらいです
・早朝はやはり冷え込みます、昼間との寒暖差がすごいです(昼30度、早朝8度とかでした)

それではスタートから

■スタート 袖ケ浦海浜公園
001_.jpg

大変素晴らしいコンディションでした。
大変素晴らしいコンディションでした。(大切なことなので2回いいました)

夏ジャージにコンプレッションパンツ
明け方は寒いと思ったので、ジレと長袖のジャージを持って行きました

■PC1まで
この日は追い風でした、北風。この時期は南風で向かい風区間のはずだったのですが・・・
AJ千葉のブルベではお馴染みのコースです、マザー牧場のビューポイントから東京湾の眺望が素敵です

007_.jpg

最高の天気でした
最高の天気でした(大切なことなので2回(以下略

■PC2まで
なにげに一番厳しい区間かもしれません
新緑のもみじライン(志駒川渓谷)はホント素敵です。

No.26 横根峠の先の曲がり角を間違えないように、砕石場が目印です。
ここを曲がってから佐久間ダムへ行くところが今回で一番の激坂かもしれません、まだ先は長いのでムリはしないようにしましょう

No.32 ちょっとわかりにくいかもしれません。左手にキグナスガソリンスタンドがあります。こちらもなにげに結構な激坂です^ー^トンネルが見えれば終わり、トンネルは真っ暗なのでちょっと怖いです

■PC2~PC3
ここからは平坦”基調”です。
洲崎灯台を越えて、房総フラワーラインを走ると、飛砂とたまり砂に注意してください。

No.39 道の駅南房パラダイスが改装のため9月頃まで閉園しています。ここで食べるご当地?ソフトクリームが楽しみだったのですが・・・・orz

鴨川を通ったりするのでおらが丼など美味しいものが食べられると思います
おせんころがしは大変綺麗な太平洋がたのしめる・・・・はず、こちらも今回屈指のビューポイントです

■PC3勝浦~PC4銚子
九十九里を堪能する区間。
ど平坦です♪

PC3を出た後、トンネルの出口にひどい穴ぼこがありました。気をつけて走行ください
No.60 R126から交通量が増えるので気をつけて走行してください。
No.79 PC4への入り口に結構大きなキャットアイがありました、ご注意ください
飽きます、ほんと飽きます
ドーバーラインが結構きついかと思ったのですが、飯岡灯台からのR126が地味にきつかったです、こっちのほうがきつかったです

■PC4銚子~PC5長竿
No.85で利根川大橋入口をまがって、利根川大橋を渡りますが、そのあたりにあるファミマを最後に次のPC付近(PC手前5kmにミニストップ)まで全くコンビニはありません。
補給などをしっかりしてください。自販機も20kmぐらいいかないとなかったかも・・・
また、この区間はほんとーーーに真っ暗です。
一人で走りたくないです、貧弱なライトだとマジきついです、怖いです、出そうです
強力なライトを強く推奨します


■PC5~ゴール
No.91からK12をはしりますが、ほんとーにまっくらです
堤の上を通る感じで、両脇には田んぼ、街頭もありません、ほんとーーーにまっくらです。
強力なライトを推奨します

また佐倉街道にはいってから時間によっては交通量が増えるかもしれません
蘇我から袖ヶ浦までの最終区間は結構信号に引っかかる状態です(千葉のブルベでは少ない信号峠)


当日のコンディションが良いこと~!

--------------------------------------------------------------------------------------
コース上のグルメ・観光ポイント

■マザー牧場からの眺望
■木村ピーナツ(館山)のピーナツソフト ちょっとコースから離れますが
■道の駅・千倉 海鮮丼
■おせんころがし 雄大な太平洋を堪能!
■鴨川 おらが丼
■安房天津 舟よしの二段海鮮丼
■安房小湊 なかむらの海鮮丼
■鴨川 エビカフェで伊勢海老カレー!
■勝浦担々麺
■角八本店(一ノ宮)のみかん大福
■銚子 七兵衛の漬け丼(漬けなのですぐ出てきます♪)
などなど楽しいポイントがいっぱい♪
プロフィール

ajchiba

Author:ajchiba
AJ千葉スタッフブログへようこそ!Audax Japan Chibaは、千葉県を中心にBRMを開催しています 海あり山ありの楽しいコースをぜひ走りに来てください 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

最新記事
リンク
QRコード
QR
twitter
tenki.jp
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。